氷水に2時間浸かる男

アイスマンとして知られるヴィム・ホフ。ショートパンツでクライミングに挑み、裸足で雪の上を走り、氷の中を泳ぐ男だ。
氷の上で © Boogert Fotografie
By Tarquin Cooper

ヴィム・ホフは類い希なる才能の持ち主だ。精神のコントロールだけで自分の肉体の体温を自由に扱い、雪の上でのランニングや氷水への2時間の入水、そして水分補給なしの砂漠でのランニングなどをこなす。しかし、彼は世界記録樹立を目標にしているわけではない。彼は科学者たちと組み、エクストリーム/アウトドアスポーツ、そして人生において精神のコントロールが重要だということを証明しようとしている。

氷の下に潜るヴィム・ホフ

いつから寒さが平気になったのでしょう?

17歳の時からだ。私は自己統制、セルフコントロールに興味を持っていた。ある日、公園に行った時に、冷水に入るのはどうだろうと興味を持ち、1分間入ってみた。それからすべてが始まった。

私は呼吸法を変えた。数ヶ月後には大量の酸素を体内に吸引することが可能になり、無呼吸で5分から7分程度氷水に入れるようになった。呼吸を変えれば良い。素晴らしい感覚が得られる。

標高6000mをショートパンツで制覇したヴィム・ホフ

氷水のバスタブに1時間53分も浸かっていたらしいですね。

思考と呼吸で体を温めることができる。脳にホルモン系をコントロールするように指示を出す。精神をコントロールするだけで、体の震えなどがなくなる。コントロールにより、私の細胞は通常の300倍の代謝活動を始める。これはエネルギー放出を意味する。このエネルギーによって私は温かいままでいられる。これが精神のコントロールだ。細胞のエネルギー管理について脳に直接指示を出している。

氷水の中を泳ぐヴィム・ホフ

本当にそれが可能なのでしょうか?

今まで科学者たちは神経系のコントロールは不可能だと考えていたが、私のテクニックを科学的に調べた結果、可能だということが分かった。

研究では、12人がバンジージャンプを前にして興奮している人たちよりも多くのアドレナリンをベッドに寝ている状態で放出することができた。またその12人に通常は5時間から8時間に渡り気分が悪くなるバクテリアを注射したが、全員が15分以内にその症状を抑えてしまった。これが精神コントロールだ。

アドベンチャー系のアスリートには朗報ですね。

ショートパンツだけで登山 © Boogert Fotografie

アドベンチャー系のアスリートには朗報ですね。

スリルを求めるアスリートたちはこのような深いレベルでの精神コントロールに取り組んでいるし、世界記録を樹立しているアスリートたちは自然にできている。彼らはそれが何かを理解していないかもしれないが、自然にそういう行動を取っている。私はアクションスポーツのアスリートたちを尊敬している。彼らは危険なスポーツを通じて、精神や内面の探求を行っている。私にとっては非常にスピリチュアルな存在だ。

雪の上を裸足で走るヴィム・ホフ

寒さは全く感じないのでしょうか?

ほとんど感じない。上手くコントロールできればの話だが。神経系とは神経のことを指すが、神経系を上手くコントロールできれば、痛みを減少させるドーパミンを大量に作り出せるようになる。人間の肉体はかなりの極限まで耐えられるようになっているのだが、まずはコントロール方法を学ばなければならない。

暑さにも対応 © icemanwimhof.com

寒さによる怪我などの経験は?

一度だけある。ラップランドを裸足でランニングしていた時のことだ。非常に寒く、18kmを走った時点で血液循環に問題が発生した。膝から下が木のようで、何も感じられなくなった。

医者に見せると、回復困難な状態なので4ヶ月後にまた来てくれと言われた。色々な薬をもらったが、私は一切の薬を取らず、自分で治療を始めた。牛の乳房に塗るグリースだけを使った。それを1ヶ月続けると治った。寒さで怪我をしたのはその時だけだ。

科学者との共同研究 © Boogert Fotografie

砂漠の場合はどうでしたか?

寒さの中でのテストは終えた私は、次は暑さだとひらめいた。寒さをコントロールできるのならば、暑さもコントロールできるはずだと思った。そこでナミビアに向かい、何の準備もせず、水分補給なしでマラソンを走った。生理学者は走っている間の私の中核体温が37度に保たれていたことに驚いていた。

脱水状態になったのでは?

5.2リットルの水分を失った。だが、走り終わった後に多少の水分とビールを補給した後は問題なかった。

氷水に浸かる

今後の予定は?

1月中旬から20人のグループと一緒にショートパンツとブーツだけの装備でキリマンジャロに登る。誰でもコントロールが可能だということを証明するためのプロジェクトだ。

裸で雪の中を走れるようになるにはどうしたら良いですか?

熱いシャワーを浴びた後に冷たいシャワーを浴びるのが良いトレーニングになる。これを続ければ自分が変化していくのが分かるはずだ。あとは自分の意識よりも深く呼吸をすることが大事だ。

ヴィム・ホフのコントロールについては、彼のホームページからメソッドがダウンロード可能となっている。

Next Story