Red Bull 400 / Red Bull 白龍走

限界に挑戦するならどっち?ヒルクライム派?ステアークライム派?

Red Bull 400 & Red Bull白龍走 参加者募集

"永遠のように長い3分間" ー 最高斜度37度の壁に体力の限界が試されるヒルクライムのRed Bull 400。

日本一の長さを誇る石段3,333段でのステアークライムを含む、総距離3,333mの上り坂レース、Red Bull 白龍走。

真の忍耐力が試される両レース。
体力自慢のキミならどちらを選ぶ?

Red Bull 400:エントリー
Red Bull白龍走:エントリー
 

<大会概要>

スキージャンプ競技場のラージヒルを利用して行うヒルクライムのスプリントレース。
最高斜度37度の壁 に体力の限界が試されるこのレースは「世界で最も過酷な400m走」とも言われている。
距離は短いが、一歩進むだけで全身の体力・気力が大きく奪われていく。
自慢の瞬発力で一気に駆け上がり、一番を目指そう。

2011年にオーストリアのクルムジャンプ競技場で初開催され、年々規模が拡大。昨年は8ヵ国で開催され、7年目の今 年は初開催の日本を含む13ヵ国14会場で開催予定。
日本大会の優勝者は、7月15日(土)にドイツで開催される世界大会へ出場が決まる。

開催日:2017年5月21日(日) 9:00受付開始 (15:30イベント終了予定)
会場:大倉山ジャンプ競技場 (北海道札幌市中央区宮の森1274)
種目:個人(男子、女子)と、4×100mリレー(男子、オープン)の4カテゴリー
個人は予選と決勝を実施。リレーは決勝のみ
※リレーの男女混合または女子のみのチームはオープンでの参加となります。
賞品:男女合わせたすべての決勝個人タイムの中で1位の方を7月15日(土)にドイツ、
ティティゼー・ノイシュタットで開催される世界大会にご招待。
定員:個人300名(男子、女子合わせて)
リレー25チーム(男子、オープン合わせて)
参加資格:16歳以上の健康な男女(未成年の場合は保護者の同意が必要)

参加費:個人4,000円/人、リレー 12,000円/チーム(税込、スポーツ障害保険含む)

エントリーはこちら(定員になり次第)

Red Bull 400 Dom Challengeの映像はこちら

 

Pic2Go登録リンクは >> こちら

 

大会結果: 男子 / 女子決勝 / 男子リレー / リレー(オープン)

<大会概要>

Red Bull白龍走は日本一の長さを誇る石段3,333段でのステアークライムを含む、総距離3,333mの上り坂レース。
スタートダッシュで心拍は最大まで急上昇。
階段区間では足へ乳酸によるダメージが追い打ちをかける!

2015年に初開催し、今年で3回目の開催。
男女各1位の名前とタイムが石段頂上の大会記念碑に刻印される。

開催日時:2017年6月17日(土)8:30受付開始(10:30受付終了) 
会場:美里町 日本一の石段 (熊本県下益城郡美里町坂本)
アクセス:詳細はこちら
大会スケジュール:

  • 一般スタート: 12時
  • エキスパート: 14時
  • 表彰式: 16時

賞品:男子と女子それぞれのタイム1~3位に大会トロフィー
(エキスパートクラスのみ)男子と女子それぞれ1位の名前とタイムを石段の横に建てる大会記念碑に刻印
定員:999人(男女) 
参加資格:18歳以上の健康な男女(未成年の場合は保護者の同意が必要)
参加費:3,333円(税込、スポーツ障害保険含む)

エントリーはこちら(定員になり次第)

Red Bull 白龍走 Dom Challengeの映像はこちら

第2回 Red Bull 白龍走 公式記録ダウンロード>>