Red Bull 5G 2014 - EAST PUZZLE FINALISTS

FINALISTのインサイトに迫るドキュメントムービー東PUZZLE SELVA&HBM編公開!
By Red Bull 5G

ついに明日、12月21日(日)に迫った「Red Bull 5G 2014 FINALS」。その舞台に上がるFINALISTのドキュメントムービー第9弾に登場するのは、PUZZLEジャンル東地区代表、”愛のために”SELVAと、”最強の怪物”HBMの2人。

「僕の人生の半分はぷよぷよできている」と語るのが東の「ぷよぷよ」代表「SELVA」である。過去2年「くまちょむ」という絶対王者が君臨していた東地区代表の座を、ついに奪還した23歳の若き才能は、少年時代に自閉症の兄への想いから「ぷよぷよ」を始め、「ぷよぷよ」に影響を受けながら共に人生を歩んで来た。

ゲームとして「ぷよぷよ」を好きな人や、「ぷよぷよ」愛をもっているプレーヤーはいるだろうが、「SELVA」のそれは一線を画す。ただ好きなのではなくて、好きなものに感謝をし、それと添い遂げられる人生をこれからも送りたいと願う。それに足りうる自分でありたいと前を向く。「ぷよぷよ」によって彩られた「SELVA」の人生が集約される場所、「Red Bull 5G 2014 FINALS」はもう目前である。

公式大会が国内に存在しない「テトリス」ではあるが、そんな中で世界的に知られ、その認知だけでヒエラルキーの頂点に立っているのが「テトリス」の東地区代表「HBM」である。その実力はずば抜けてまさに”怪物”。「テトリス」である限りにおいては、彼を凌ぐどころか並ぶことすら至難の業と思わせるのが「HBM」という存在である。

しかしながら、そんな彼をして「自信はあんまりないです」と言わしめるのが、今年のタイトル「ぷよぷよテトリス」の難しいところ。1対1の対戦ではなく、2対2の4人同時プレーというのが、レイアウトを変え、リズムを崩し、パフォーマンスを落とす。個人が最強であっても、チームで戦えなければ苦戦必至、というのが今年のテーマだろう。

いみじくも「SELVA」が、「ゲームの上に人間の団結力があると思う」と語る通り、「HBM」という絶対的なカードを有する東地区代表チームにとって、問われるのはPUZZLEジャンルにおいての、ひいては5ジャンル全てのプレーヤーを通じたチーム力なのである。
 

Red Bull 5G 2014 FINALS

2014年12月21日(日)

会場: AKIBA SQUARE (東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 2F)

チケット: 1,500円(税込) ※レッドブル+非売品タオル付き

チケット購入はコチラ

read more about
Next Story