日本最強の“モンスト”チームが決定

『モンスターストライク』の日本一チームを決める「モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ」レポート
By VEXATION

 2016年9月25日(日)、人気スマホアプリ『モンスターストライク』の日本一チームを決める「モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ」が千葉・幕張メッセで開催された。

 

モンスターストライクはキャラクターを引っ張って弾く直感的な操作と、奥深い攻略性が幅広い年齢層の心をとらえ、全世界累計利用者数3,500万人を突破したビッグタイトル。

 

本大会は4人1チームのタイムアタックによる対戦プレイに特化した『モンスターストライク』のスピンオフ作品『モンストスタジアム』を用いて行われ、キャラクターを引っ張って弾く操作精度はもちろん、練り込まれた高難易度ステージをいかに効率よく攻略できるかが勝利のカギを握る。

 

約3カ月かけて行われた7つの地域予選を勝ち上がった15チームと、当日予選を勝ち上がった1チームの計16チームが賞金総額5,000万円とモンスト最強の座をかけて争うこととなった。

 

 予選大会1位チームが次々と敗退する波乱の展開

© Jason Halayko

出場する16チームが一気に8チームまで絞られるベスト16。北海道予選1位チームの敗退を皮切りに、関東予選1位チーム、関西予選1位チーム、九州予選1位チームが次々と姿を消していく。この大舞台に立つプレッシャーと、モンスターストライクの競技層の厚さが顕著に表れた。

 

注目となったのは九州予選2位チーム「モンスト外の人」と、当日予選のタイムアタックRoundを2位と5秒差をつけるぶっちぎりのタイムで突破したチーム「ストイック」の対戦カード。九州予選から1カ月、この日に向け練習を重ねてきた「モンスト外の人」が「負けるつもりはない」と豪語すれば、強豪ひしめく当日予選において1/500の切符を手にした「ストイック」も「絶対に勝ちます」と応戦。会場をピリピリとした空気が包む中、2チームが同時にゲームをスタートしてクリアタイムを競うバトルRoundが開始された。

 

当日予選からの流れに乗る「ストイック」が優勢になるかと思われたが、結果的には「モンスト外の人」が中盤から徐々にリードを広げて勝利。「モンスト外の人」は互いに声を掛け合い、指示を飛ばしていたのに対し、「ストイック」は各々が自身のプレイに集中していたためか、コミュニケーションの頻度が低かったのが強く印象に残った。オフライン大会でのプレイに慣れた立ち回りを見せた「モンスト外の人」が準々決勝へと挑む。

© Jason Halayko

続く下剋上、そしてプレッシャーを克服したチームが準決勝へ

準々決勝は、先のベスト16以上に重くのしかかるプレッシャーをどう押しのけ、「いつも通りのプレイ」をできるかが勝利の分かれ道となった。

 

ベスト16で1回戦を戦った関西予選2位チーム「(笑)獣神亭一門」は試合前に「緊張がなくなった」とコメントしているようにパフォーマンスをめきめきと上げ、中部予選1位「今池壁ドンズ」も地域予選から無敗の流れをそのまま維持して難なく準決勝に進出。

© Jason Halayko

また、当日まで行われていた優勝予想において2位につけた東北予選1位チーム「Bulldozer」を関東予選3位「平成の開国スクラッチ」が、中国・四国予選1位「指さし確認ヨシ!!」を序盤のミスをチームメンバー全員でカバーした関西予選3位チーム「AGO Japan」がそれぞれ降し、準決勝へと駒を進めた。

 

準決勝 「(笑)獣神亭一門」 対 「平成の開国スクラッチ」

 

準決勝のステージは1手のミスが、タイムタックにおいて致命的な20秒から30秒の遅れに繋がる高難度ステージ「金色の怪童」。「(笑)獣神亭一門」と「平成の開国スクラッチ」は、キャラクター編成が同構成のミラーマッチとなり、実力差が出る一戦となった。ほぼミスなくバトルを進めた「(笑)獣神亭一門」に対して、ミスがリカバリーできなかった「平成の開国スクラッチ」。モンストグランプリ2015でベスト4の苦渋を味わった「(笑)獣神亭一門」が念願の決勝戦の舞台へ上がる。

© Jason Halayko

 準決勝 「AGO Japan」 対 「今池壁ドンズ」

 

会場にかけつけた応援団の声援を目一杯に受ける「今池壁ドンズ」。「AGO Japan」はそのアウェイ感を押しのけられるかというところだが、まさかの初手でミスショットをしてしまう。一方、本大会において地域予選から無敗の「今池壁ドンズ」は余裕のプレイング。物を言わさぬ圧倒的な安定感で勝利をつかんだ。

 

試合後に、「ミスもあったが、リカバリーできる構成を尊敬するプレイヤーからアドバイスしてもらっていた」とコメントした「今池壁ドンズ」。会場にかけつけた応援団の声援、尊敬するプレイヤーからのアドバイス、周囲の期待を胸に決勝の舞台へ挑む。

© Jason Halayko

決勝戦 「(笑)獣神亭一門」 対 「今池壁ドンズ」

 

決勝戦は2本先取制となり、先手を取ったチームが精神的な優位を得られる。「胸を借りるつもりで」と弱気なコメントをする「(笑)獣神亭一門」、「楽しみましょう!」と余裕のコメントを差し伸べる「今池壁ドンズ」。この自信の差が決勝の舞台でどう響くのか。

 

会場全体から響くカウントダウンから始まった第1試合。観客席へ手を振る余裕を見せながら、まるで機械のように正確なショットを連発する「今池壁ドンズ」。初手から17秒と大きなリードを許してしまった「(笑)獣神亭一門」はなんとか挽回の機会を窺うが、リードは広がる一方。終始リードを広げ続けた「今池壁ドンズ」が貴重な第1試合を勝ち取った。第1試合を終え、さらなるプレッシャーがかかる「(笑)獣神亭一門」は「今池壁ドンズ」の牙城を崩せるのか。

© Jason Halayko

第2試合も序盤から「今池壁ドンズ」がリードする形。中ボスに有利な構成の「(笑)獣神亭一門」は中盤で若干差を縮めるものの、「今池壁ドンズ」の安定感を前になかなか逆転のタイミングを掴めない。「今池壁ドンズ」は、途中HPが残り少なくなる場面もあったが、難なくピンチを乗り越える冷静さを見せ、見事第2試合も勝利。

 

ベスト16から予選大会1位チームが次々と姿を消す波乱の展開となり、出場チームの実力差はほぼないものと思われていたが、結果的には「今池壁ドンズ」の圧倒的な勝利で幕を下ろした。

  © Jason Halayko

最後に、「今池壁ドンズ」へこれからのモンスターストライクに対する取り組みを聞いた。

 

「2連覇したいですね。地域予選のタイムアタックRoundを1位で抜けてから、ここまで無敗できているんですよ。これは、いままでの大会ではなかった、前人未到の域に達しているんです。来年、これをもう一度やりたいです」

 

モンストグランプリ2017」の発表はまだ行われていないが、次の大会に向けたバトルはすでに始まっている。

 

モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ 公式サイト

モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ 決勝大会 配信先

 

read more about
Next Story