H∆SHTAG$ SEASON II:エピソード1『GQOM』

南アフリカ・ダーバン生まれの最新ダンスミュージックの魅力をRed Bull Music Academyが追う。
By Glen Ferris

 グローバルな人気を獲得したネットミュージックとデジタルカルチャーを追うRed Bull Music Academyのミニドキュメンタリーシリーズ『H∆SHTAG$』のシーズン2全4話が日本語字幕付きで公開された。

インターネット上で音楽を自由に探せるようになった現在、世界各地に存在するローカルミュージシャンやアーティスト、レーベルなどは地元を飛び越えて世界的なブレイクを果たすことが可能になっている。グライム、カワイイ、ヘルスゴスなどは全て世界的に注目され、ブレイクしたが、『H∆SHTAG$』のシーズン2ではこれらがこの先どこへ向かうのかについても考察していく。

そのエピソード1では、南アフリカ・ダーバンのストリートから生まれたダンスミュージック、GQOM(発音は様々だが “ゴム” が一般的)を追っていく。GQOMはダーバンの黒人居住区からスタートし、その後、世界各地の敏感なDJやレーベル、リスナーに愛されるようになった。

エピソード内には、ダーバンを拠点にその独特のリズムとローファイサウンドを生み出し続けている、Citizen Boy、Emo-Kid、DJ Lusiman、DJ Lag、Distruction Boyz、Illumination Boiz、Massive Q(RudeBoyz)、Okzharpなどのアーティスト / プロデューサー陣と共に、GQOMに注目しているNan Kolè(Gqom Oh!)、Moleskin(Goon Club Allstars)、Joe Howard(Cotch International)など、ヨーロッパのDJやレーベルも出演している。

上の映像で、『H∆SHTAG$ SEASON II:GQOM』をチェック(日本語字幕対応)!

South Africa’s latest club craze, gqom
南アフリカ・ダーバンのGQOMシーン © Red Bull Music Academy

 『H∆SHTAG$ SEASON I』はこちら
『H∆SHTAG$ SEASON II』の全エピソードはこちら

Next Story