Red Bull AR HUNT

Red Bull Kick & Shredの成り立ち

史上初となるフリースタイルスノーボードコンテストであるRed Bull Kick & Shredをコンテストディレクターの猪狩氏が語る!
Red Bull Kick & Shred - Layout Hakuba Jump rendering
Red Bull Kick & Shred © Red Bull
By 猪狩 文孝

 こんにちは!

Red Bull Kick & Shredの企画・運営を担当している、コンテストディレクターの猪狩文孝です。Kick & Shred 開催まで、このイベントをより理解して興味を持って頂けるよう、連載でコラムを書いていくことになりました。どうぞよろしくお願いします!

最初に簡単な自己紹介を。

僕は今から25年前、まだ日本にスノーボードが入ってきてそんなに経ってない頃にスノーボードに出会いました。元々サーフィンをやっていて、その延長で始めたスノーボードでしたが、その魅力に一気にハマり、大会などにも挑戦していきました。

スノーボードを続けていくうちに、自分がライダーになるという目標から、大好きなスノーボードの楽しさをより多くの人に伝えたい!と思うようになり、「仕事」として、国内でのキャンプの開催や、多くのプロライダーを生み出したアメリカの「ハイカスケードスノーボードキャンプ」の日本の代理店などを続けてきました。また、10年以上に渡り、国際大会のコース造成や運営にも関わり、自分自身でも様々なコンテストを企画・運営してきました。

そんな中、5年ほど前の冬より白馬に住み、3シーズンほど白馬の八方尾根スキー場でハイカスケードパークの運営をしていました。そのとき毎日眺めていたのが、白馬ジャンプ競技場。

その雄大な建造物とスタジアムを見ながら「多くの人に見てもらえるスノーボードイベントが出来ないか?」と考え、何度も現場に足を運んでは、今回のパーク造成担当のパット・マレンドスキーと一緒にいろいろなアイデアを出し、4年ほど企画をしては、試行錯誤を繰り返し、やっと決まったのが2013年の夏、この「Red Bull Kick & Shred」というイベントでした。念願のここでの開催、しかもRed Bullのイベントということで、とてもワクワクしています!

コラム:Red Bull Kick & Shredの成り立ち

 今回のイベントでこだわっている点がいくつかあります。

まず、スノーボード本来の持つ迫力・カッコ良さ・楽しさを、いろいろなスタイルのライダーが形にはまらずに自由に、そして楽しんで表現できるような、まさにフリースタイルなコンテストが出来ないか?と考えました。

そこで、世界でもあまり例の無い「ジャンプとボウル」というセクションの組み合わせが生まれました。それぞれのアイテム単体でのコンテストはありますが、この組み合わせのコンテストというのは、世界でも珍しい組み合わせです。

まず1つめのジャンプでの豪快なビッグエアー。ライダーそれぞれのスタイルで繰り広げる、様々なスピントリックが見所になるでしょう。そして2つめのボウルセクション。

ボウルセクションイメージ(Red Bull Kick & Shred会場の写真ではありません)
ボウルセクションイメージ(Red Bull Kick & Shred会場の写真ではありません)

 ここでは、ライダーの個性である「スタイル」を出していくことが重要になります。スケートボードからくるトリックや、サーフィンのような遊び方、1つめのジャンプとは違ったライディングが見られるセクションです。
この2つのアイテムの総合得点でジャッジをしていきます。

ちなみにキッカーのKickとボウルセクションでのShred(シュレッドとは波や雪を切り刻むという意味のライディングを表している言葉です)を取り、「Red Bull Kick & Shred」というイベント名が誕生しました。

今回コンテストで使用するコースは、世界中の国際大会のコースデザインや造成をしてきた、世界でナンバーワンのパーク造成経験を持つパークオペレーターの「パット・マレンドスキー」がこのイベントのために来日、ライダーのために、世界レベルの安全で飛びやすいアイテムを造ります。

また、なかなか生で見る機会の無い、トップライダー達の滑りを一人でも多くの方に見て頂けるように、ファイナルはナイトイベント、しかも入場は無料です!

昼間はそれぞれが白馬のスキー場で滑りを楽しみ、夕方からは「Red Bull Kick & Shred」を楽しみ、コンテストの後は国際色豊かな白馬の夜を満喫すべく、有名なバンドのLiveもあるオフィシャルアフターパーティー「Snow Splash」へ!
そんな、普段滑りに行くだけでは味わえない、エキサイティングで楽しい充実の白馬での週末を、思い切り楽しんでください!

今回エントリーしているライダーは、年齢が下は中学生から、上は40歳近くまで、普段は会社勤めをしているサンデーボーダーから、国際的活躍を目指して頑張っている有名ライダーまで、日本全国から様々なライダーが続々とエントリーをして来ています。

白馬ジャンプ競技場史上初の開催となる「フリースタイルスノーボードコンテスト」でもある「Red Bull Kick & Shred」是非、ライダー達の熱い滑りを観戦に来てください!

次回は、Red Bull Kick & Shredを観戦する上で知っておきたい「ジャッジ基準」についてお話したいと思います。

 

Red Bull AR HUNT

read more about
Next Story