Richard Permin「アラスカは大きなアイスクリーム」

アラスカを拠点に活動するビッグマウンテンスキーヤーRichard Perminを紹介する。
Richard Permin freeskiing in Tulsequah, Canada, in 2010
Richard Permin in Tulsequah - 2010 © DomDaher/Red Bull Content Pool
By Guillaume Desmurs

Richard Perminはアラスカで8度冬を経験しており、アラスカの山々を熟知している数少ないビッグマウンテンスキーヤーのひとりだ。フランス出身のRichardはMSPと共に撮影もこなしており、「ビッグマウンテンスキーヤーにとっての夢」と言えるこの土地で数々の経験をしてきている。

今回はアラスカを拠点にスキーと撮影を続けるRichardへインタビューを行った。

アラスカでのスキーはどうですか?
ラディカルでスピーディー、そして効率的だね。 傾斜はアルプスクラスで、太平洋に面しているから雪質は湿っていて安定している。だからヨーロッパでは危険すぎて体験できなかったような夢のようなロケーションで滑れているよ。

アラスカのスキーの特徴のひとつが、表面に積もった軽い雪が小さな雪崩を形成する点にあると思いますが、どのように対応していますか?
斜めにラインを取るようにして、自分のターンが生んだ雪崩にはまらないようにしている。前に一度はまったことがあったけれど、流れる水に捕まったような感じで、足元がすくわれて、何も見えなくなってしまったよ。

Richard Permin freeskiing in Tulsequah, Canada, 2010
Richard Permin in Tulsequah - 2010 © DomDaher/Red Bull Content Pool

アラスカが好きな理由は?
比較的安全にビッグマウンテンスキーが楽しめるからだね(注:最新の映像作品『Superheroes of Stoke』をチェックしてもらいたい)。以前雪崩に飲み込まれても、15分後には病院にいた。アラスカでのスキーは、MSPと一緒に撮影している時はガイドが周りにいてくれる。彼らが僕の状況を常にチェックしてくれているし、ヘリコプターも待機してくれている。だからアラスカは安心できるんだ。最初の2、3年は初心者だったし怖かったけどね。

アラスカで一番好きなスポットは?
Tordrilloだね。延々と続く山頂や氷河に畏敬の念を抱いているよ。Tordrilloはアンカレジの北にあって、周りには何もない。Travis Riceの「Art of Flight」の最初のパートが撮影されたのもここだよ。本当に素晴らしい景色が広がっている。行く度に貸し切り状態に感じられるんだ。本当に素晴らしい体験だよ。

アラスカは物価も高く、天気も不安定なので決して暮らしやすいとは言えませんよね。
その通りだね。4日間の撮影のために約1カ月を費やした時もあった。晴れた時にすぐ出られるように準備しておかなければいけない。ロッジではトランプやチェスで時間を潰すことになるし、飛行機でしかアクセスできないロケーションが多いから、夜のお楽しみは忘れた方がいいね。天気が悪い時は身体をフィットさせるためにエクササイズもこなしているよ。でも着いたら最高の天気で、5日間連続で撮影してさっさと終えられた時もある。これがアラスカの良いところさ。1年でひとつしか行く場所を選べないとしたら、僕はアラスカを選ぶね。

Richard Perminの『Superheroes of Stoke』は以下から視聴できる。

© Alain Sleigher / Red Bull Content Pool
read more about
Next Story