『Nipple Deep』チャプター1:アラスカ

「12日間。最低気温マイナス30度。巨大な斜面。頼れるのは自分の両足だけ…」
By Jason Horton

先日オンラインプレミアとして1日限定公開されたTrue Colorの新作映像『Nipple Deep』を見逃したとしても心配することはない。ヨーロッパ屈指のスノーボードクルーのひとつであるTrue Colorが最高のパウダースノーを求めて世界各地のバックカントリーを旅した様子を映像にまとめたこの作品を、今週からチャプターごとに紹介していく。

今回紹介するのはアラスカだ。すべてのライダーにとって素晴らしいスポットとして知られるアラスカは、ライディングに加えキャンプも体験すれば、ワイルドさが更に増してくる。今回飛行機で辿り着いたクルーも山のふもとにキャンプを張り、スプリットボードで頂上へ挑んだ。

Alvaro Vogel snowboarding in Alaska while filming Nipple Deep.
急斜面を果敢に攻めるAlvaro Vogel © Markus Fischer

夜は寒く、天気の回復まで何日間もテントの中で過ごし、更には頂上までのきつい行程をこなさなければならなかった今回の旅は非常に厳しいものだった。しかし、太陽の下で行われる手つかずのパウダースノーの斜面のライディングには、耐える価値が十分にある。

Stephan Maurer、Lisa Filzmoser、David Bertschinger、Karg、Nicholas Wolken、Alvaro Vogelが頂上を目指して旅をした様子を是非楽しんでもらいたい。

read more about
Next Story