ベンジー・ファローのビッグトランスファー!

Red Bull Double Pipeで幅7mのギャップトランスファーをメイクしたベンジー・ファローの勇姿を映像で紹介する。
By Nate Hoppes

ファイナルで思ったような結果が残せなかったベンジー・ファロー。しかし、その後7mのギャップトランスファーに取り組み、見事に成功させた。

「もう大会も終わりに近づいていたし、ただ楽しんでいただけなんだ。本番が上手くいかなかったから、何も考えずにライディングしていたんだ」(ファロー)

このビッグトランスファーがどのタイミングでメイクできると実感できたのかという質問に対し、ファローは次のように回答した。「最初はクレイジーだと思った。怖かったしね。だから通常のセンターセクションでギャップと同じ距離を越える練習を繰り返した。それで一定の距離を保てるようになったから、ギャップでやってみようと思ったんだ」

大会ディレクターのリアム・グリフィンはファローがメイクした瞬間を次のように振り返った。「大会を始める前に、テレビカメラ用にハーフパイプに進入するラインの数を確認しましたが、その段階ではラインは4本という計算でした。ですが、彼があれをメイクした瞬間にその数は5本に増えました」

ファローは回数を重ねるごとにリラックスしていったと振り返った。「実際にやるよりも見ている方が怖いんだ。1回飛んだあとは自信が持てたよ」

ファローはこのギャップトランスファーでRed Bull Double Pipe 2015の「ベストトリック」と「ライダーズ・チョイス」を獲得した。詳細はこちら。

Red Bull Double Pipe 2015の結果・ハイライトはこちら

read more about
Next Story