実のところ今からがスノーボードは面白い

元ライダーの雑誌編集長が綴る SNOWBOARDING IS MY LIFE. Vol.22
Masaomi Harada © HARADA
By 野上大介

いよいよ後半戦に突入したスノーシーズン。東京では桜が咲き誇り、入学や入社などを控える一年の節目となる時期だ。この原稿を書き始めるにあたり外に出てみると、編集部のある原宿を歩く人々は上着を脱ぎ、雪のことなど考えている様子は皆無。一般的には当然だし、4月上旬でクローズするゲレンデが多いことも事実。だが、スノーボードの節目にはまだ早い。GWまで営業予定のゲレンデが全国各地に点在しているし、バックカントリーに出れば十分に楽しめるからだ。

とは言え、相当な“スキモノ”でないかぎり腰は重いだろうけど、それは本当の楽しみ方を知らないからでは? そう言われてドキっとしたスノーボーダーがいるとしたら、今だからこそ楽しめるライディングについて一緒に考えてみたい。

まずは雪質。コーンスノー、いわゆるザラメ雪だ。氷の粒状になった状態のことを指すわけだが、意外にも板が走る。ハイシーズンに滑っていたようにエッジを立てる感覚で滑ってしまうと沈んでしまい、思うようにボードをコントロールできずにストレスを感じるかもしれないが、よりソール面を意識して滑ることで雪面からの反動を活かせれば、また違った面白さを発見できるだろう。

トップシーズンのターンでも言えることなのだが、エッジを立てて滑るのではなく、カービングによりうっすらと彫れた雪面の凹部分を踏む感覚で滑ってほしい。エッジを“立てる”よりもソール面で“踏む”と考えたほうが、安定感が増し、力強いライディングをイメージできるはずだ。これが本当のカービングターン。コーンスノーで滑り込むことにより、こういったトレーニングにも繋がるかもしれない。

また、春雪はつまらないと決めつけている人がいるとしたら、よく耳を傾けてほしい。板がよく走る軟らかいザラメ雪のピステンバーンがもしノートラックだったら……パウダーライディングのような感覚が得られるのだ。目からウロコが落ちたのでは?

ただし、この時期の雪は多くの人が滑走すれば当然ボコボコになるので、パウダーを狙うときと同様に早めの時間帯にライディングできるよう心がけよう。気をつけてほしい点もいくつかあり、気温が高く表面に水分が浮き出てくるとソールとの間に表面張力が発生する“ストップスノー”になってしまい、反対に日陰ではアイスバーンでカチカチになっている可能性もあるので、雪質の変化には十分気をつけながら滑ってほしい。あとは、言わずもがなかもしれないが、ホットワクシングやストラクチャー(滑走面に溝を入れることで、雪面との間の排水効果が上げり滑走性がアップする)を入れるなど、ソール面の対策も重要。

さらに、トップシーズンには気づかなかった場所にヒットポイントが出現する時期でもある。雪解けとともに実際の地形があらわになり、天然パークのように遊べるエリアが増えるわけ。前述したようにボードが走るコーンスノーであれば、トップシーズンには到達できなかった壁地形のポイントに当て込めるなど、より自由度の高いライディングを楽しむことができるのだ。雪が減ることで浮かび上がってきた3D地形を滑り込めば、フリーライディングのスキルが上がることは間違いない。

そして雪が軟らかく気温が上がるのだから、トリックに挑戦するには絶好の機会。アプローチでスピードが出なければ意味がないので前述したようにメンテナンスは必要不可欠だが、暖かいから身体は動くし、ランディングが軟らかいので恐怖心は軽減するはず。パーク初心者から上級者にまで共通して言えるだろう。ただし、雪が緩んでいる分着地でボードが引っかかりやすくなっているので、それを意識したうえでトライしてほしい。

ほかにも、GWは営業しているゲレンデが限られるので例外になるが、基本的にゲレンデは空いているし、リフト券が割り引きになっているケースも多い。加えて、雪道に遭遇する可能性が格段に減るので、運転に自信のない人でもアクセスがしやすくなるなど、メリットも多い。転倒すればウエアは濡れるしブーツの中は蒸れるかもしれないが、ビギナーにとってはトップシーズンよりも取り組みやすい環境が整っているのかもしれない。

これらのことを踏まえて考えると、雪解けもポジティブに捉えられるのではないだろうか。また雪が降るのを半年以上待つのか、今だからできることを楽しみながら来シーズンに繋げるのか。それはあなた次第だ。

 

国内No.1スノーボード情報サイト「TRANSWORLD WEB」をチェック!

────────────────────

野上大介(Daisuke Nogami)

スノーボード専門誌「TRANSWORLD SNOWboarding JAPAN」編集長。1974年、千葉県生まれ。全日本スノーボード選手権大会ハーフパイプ種目に2度出場するなど、複数ブランドとの契約ライダーとして活動していたが、ケガを契機に引退。現在に至る。アクション&アドベンチャースポーツのインターナショナル・フォト・コンペティション「Red Bull Illume Image Quest 2013」の日本代表審査員。また、ソチ五輪スノーボード競技におけるテレビでの解説やコメンテーターとしても活動するなど、その幅を広げている。

SNOWBOARDING IS MY LIFEバックナンバー

プロスノーボーダーとしての真の価値

世界の頂に君臨する日本のヤングガンたち

師に捧げる世界初の大技で栄冠を勝ち取った角野友基

Next Story