アートボード:ピーター=ヨン・デ・ヴィリエ

YESの「Greats」シリーズのグラフィックを手がけた希代のイラストレーターを紹介する。
ISPOミュンヘンでのデ・ヴイリエ © Jason Horton
By Jason Horton

1970年代のサーファーによって考案され、1980年代のスケーターによって完成されたボードのグラフィックはスノーボードカルチャーの大きな一部を占めている。グラフィックはスノーボードがただのスポーツとは違うサブカルチャーであることの証であり、スノーボードがただの道具ではなく、創造力の一部であり、カルチャーの一部であり、自己主張でもあることの証でもある。そして最高のグラフィックは、1枚のボードを生涯忘れることのない不朽のアート作品に変えてくれる。

VimanaとYESのボードのアートワークを手がけるノルウェー人イラストレーター、ピーター=ヨン・デ・ヴィリエ(Peter-John de Villiers)は類い希なる才能とスキルと熱意で、ボードのグラフィックデザインシーンにその名を残してきた。今回はISPOでショーケースを披露したデ・ヴィリエに自身の作品について訊ねた。

ISPOミュンヘンで展示されたVimanaのボード © Jason Horton

VimanaとYESのスノーボードのグラフィックを手がけていますね。この2つについてもう少し詳しく教えてください。
Vimanaはスカンジナビアの新しいブランドで、リミテッドのハイエンド仕様のボードのグラフィックを手がけた。SF、90年代、UFO、ミステリー、宇宙、古代などのテーマを組み合わせた作品だね。

YESの「Greats」シリーズは楽しんで仕事ができた。何故なら、ノア・サラセネック、トッド・リチャーズ、ジョン・カーディエル、ショーン・パーマーなど、子供の頃のヒーローのために作品を描けたからね。すべてのアートワークは昔のグラフィックや広告、ライダーたちの写真を元に、自分らしさをひとひねり加えたものだよ。彼らは僕の中ではレジェンドだから、全力を尽くした。

YESのボード「Cadiel」 © Jason Horton

コンピュータを使わないほど、良い作品になる

− ピーター=ヨン・デ・ヴィリエ


あなたのグラフィックはペンですか、それともコンピュータで?

僕はペン、インク、紙を使って描く。ひとつの大きな絵を描く気持ちで挑んでいるから、各グラフィックはひとつのアートのようなものだね。コンピュータを使わないほど良い作品になる。

あなたは『Fresh Off The Hill』というアニメシリーズも手がけています。これについて教えてもらえますか?
『Fresh Off The Hill』は楽しみながらやっているんだ。友人のトム・スリリーと一緒に世界中のベストライダーたちにインタビューをして、それをアニメにしている。ニコラス・ミューラー、テリエ・ハーコーセン、ピーター・ライン、JP・ウォーカー、ダニー・デイビス、スコット・スティーブンス、パット・ムーアたちにインタビューをしたよ。

YESのボード「Palmer」 © Jason Horton

天性の才能で描く純粋なイラストで生計を立てるのは難しくないですか? 何かアドバイスはありますか?
約12年間修行を積んだ。逆境に打ち勝って運を掴めば、アーティストとして十分な生活ができると思うよ。

作品に真剣に向き合いつつ、自分はそこまで追い込まないことが大事だね。

read more about
Next Story