スキーヤーの夏 Part 1

トップスキーヤーたちが夏の間にどのようなトレーニングを行っているのかを紹介する。
トレーニング中のリンゼイ・ボン © Joey Terrill/Red Bull Content Pool
By Riikka Rakic

雪は完全に消え去り、ビーチの季節がやってきた。しかし、ワールドクラスのスキーヤーたちがのんびりと過ごしていると思ったら、大間違いだ。彼らは既にトレーニングに懸命に励んでおり、5カ月後にオーストリアのゼルデンでスタートする新シーズンに向けて調整を重ねている。

リンゼイ・ボン
「素晴らしかった」と自ら振り返った新記録で昨シーズンを締めくくったスピードクイーン、リンゼイ・ボン。彼女の復活は、長期に渡るハードなトレーニングの賜物であり、そのトレーニングはまだ終わっていない。彼女は2カ月前から既にトレーニングを再開しており、スロープから始めた、現在はジムでフィジカルトレーニングに励んでいる。

またリンゼイは、自らが主宰するプログラムSki Girls Rock、そしてリンゼイ・ボン基金にも時間を割いている。このふたつは夢を追う少女たちを応援するための活動だ。「私はキャリアを通じて決して諦めないことを学んだわ」と語る彼女が新たに設立したリンゼイ・ボン基金は将来活躍する世界の女性たちに、山をも動かす自信を与えようとするものだ。

そして彼女はLate Night(セス・マイヤーズと共演)やTime 100 Galaなどにも出席し、メディアへの露出も怠らない。

これら以外にリンゼイが何をやっているのか想像できない人は、彼女の活動をこちらでチェックしてもらいたい。

マルセル・ヒルシャー

マルセル・ヒルシャーも活動的だ。衝撃映像『Colours』をまだ見ていない人は、こちらで必ずチェックして欲しい。

4度の総合優勝を果たしたワールドチャンピオンはシーズン終了直後から忙しく、ファンのための特大パーティーに出演しつつも次々と予定をこなし、最後の雪が溶けきるまでスキーとテストを続けていた。

5月3日、マルセルはザンクト・ペルテンで開催されたWings For Life World Runに出場。まさかの走行距離22kmを記録して好調ぶりをアピールした。また、アジアの太陽の下でも2週間のプロジェクトに参加。彼のアジア旅行の全貌は後日改めて紹介する。

しかし、「ポストシーズン」は「プレシーズン」でもある。マルセルは前代未聞の5連覇に向けて既にトレーニングを再開している。

ヘンリク・クリストファーセン
若手スキーヤーであるヘンリクは素晴らしい結果に終わった昨シーズンの余韻に浸ることもできるが、彼は気にすることなく、更に上を目指している。5月3日に行われた2015年のWings For Lie World Runでは、31kmという実に素晴らしい結果を収めた。

現状に満足しない若きエリートのオフシーズンのスケジュールは、クロスフィット、アジリティトレーニング、バイクトレーニング、そしてスキーで埋まっている。

ノルウェーの同胞、アクセル・ルンド・スヴィンダルと共に、ヘンリクは猛攻をしかけていくだろう。準備万端のヘンリクに注目したい。

read more about
Next Story