見逃し厳禁! エーロ・エッタラの最新ビデオパート!

トップスノーボーダーの最新映像が今月末に24時間限定で無料公開される。
By Jason Horton

 スノーボード史上最も大きな影響力を持つライダーのひとり、エーロ・エッタラのこれまでの軌跡をまとめた素晴らしい最新映像が、2015年10月31日にRed Bull TV、もしくはRedBull.com/Snowにて24時間限定で無料公開される。

今から約10年前、僕がまだ『Method Magazine』誌のエディターとして働いていた頃、若きフィンランド人ライダー、エーロ・エッタラについて記事を書いた。21歳だった当時の彼は、マック・ダウの映像『Follow Me Around』の最後のビデオパートをスタイリッシュに飾っていた。忘れてはならないのが、これは2005-06シーズンの映像であり、まだインターネットがスノーボードで満たされる前、つまり僕たちがまだDVDを買っていた頃の話だということだ。そしてマック・ダウのこの作品はまさに「至高」で、その最後を飾るというのは、とてつもないことだった。

 そして僕はその記事の中で、エーロがいかにして10代を笑顔に囲まれて楽しんで過ごしながら、非凡な才能として世に出てきたかについて書きつつ、世間における21歳とは、少年が男になるタイミングだということと、そしてその年最高のプログレッシブなビデオパートを産みだしたことでエーロがいかにそのタイミングを上手く通過したかについて書き、更には彼のライディングについて次のように説明した。


エアでの彼は、他のライダーたちに負けない上手さだ。大きな飛び出しからのスイッチ・ダブル・バックフリップとダブル・バックサイド・ロデオがそれを証明している。そしてレールでの彼は、負けないどころか更に上を行っている。大げさに聞こえるかも知れないが、彼のライディングを見れば理解できるだろう


− 『Method Magazine』issue 7.6

 この記事は、彼が次に何をしてくれるのかが楽しみだ、と書いて締めくくられている。エーロが最初のビデオパートからスペシャルな存在だったということは明らかで、既に当時から、僕たちはレジェンドになるライダーを見守っているという実感があった。

そしてそれから10年が経過し、数多くのビデオパート、雑誌の表紙、優勝、そしてトリックの発明を経てきたエーロが、真のレジェンドになるための最後のチェックボックス − ソロフィルム・プロジェクト − にチェックを入れる時が来た。

最新作『Ender』は回顧録であると同時に、今でも現役で限界をプッシュしつつ、ビデオパート制作を極めようとするスノーボードシーンのレジェンドの素顔を追う作品になっている。

 エーロ・エッタラの『Ender』は2015年10月31日にRed Bull TV、またはRedBull.com/Snowにて24時間限定で公開される。見逃さずにチェックしてもらいたい。

read more about
Next Story