トラヴィス・ライスの新作映像のティーザーが到着!

© Scott Serfas/Red Bull Content Pool
By Josh T. Saunders

 無駄話は抜きにして本題に入ろう。アクションスポーツ映像の金字塔として知られる『The Art of FLIGHT』以来の新作『The Fourth Phase』の制作が着々と進んでいる。トラヴィス・ライス、そしてスノーボードシーンを代表するライダーたちがスクリーンの前に帰ってきたのだ。2016年末に向けてプレミア上映が予定されているこの新作は、公開と同時にこのジャンルの基準を再び引き上げるだろう。

「ここ数年の撮影には、僕がこれまで学んできたすべてを注ぎ込まなければならなかった。信頼できる数人の仲間と挑んだ冬の大自然と、前人未踏のスポットへの挑戦が、この映像を過去最高にエキサイティングな内容にしてくれている。献身的なライダーたちと、全力を尽くしてくれたプロダクションチームが僕にはついているしね。またすぐに制作に戻るけれど、その前にこれまでの途中経過をみんなに公開しようと思ったんだ」

 今回紹介するそのティーザー映像は、トラヴィス・ライスと、プロダクションチームBrain Farmが来年に何を届けてくれるのかが期待できる内容になっている。4Kカメラで撮影される初のスノーボード映像になる今作には、費用を惜しむことなく、世界屈指のライダーたちが繰り広げるタイムレスなライディングシーンがふんだんに盛り込まれる予定だ。『The Fourth Phase』にはトラヴィス・ライスの他に、マーク・ランドヴィク、ミッケル・バン、エリック・ジャクソン、パット・ムーア、ブライアン・イグチが参加しており、今まで見たことがないようなスタイリッシュな姿で映像に収まっている。

 今作の制作には複数年がかかっているが、ライスは今までのところ順調に進行管理をしているようだ。最近の彼のSNSのアカウントは具体性に欠けており、彼の旅先などが分からないようになっている。ライスはフレッシュなパウダーを踏んだ自分たちの足跡をデジタルの力で消すように努力している。つまり、逆に言えば、ライス本人から公式に発表される新作に関する情報は、重さと意味が感じられるものであると同時に、我々を驚かせるものになるというわけだ。

また、今作の監督は、アクションスポーツに精通し、スノーボードシーンで革命を起こしてきたカート・モルガンとジョン・クラツキヴィックの2人が務めている。
『That’s It, That’s All』や『The Art of FLIGHT』でもライスと組んできた、Brain FarmのCEOも務める監督のモルガンは「映像の監督を務めるのは、僕の人生の中で最も難しいと同時に、最も楽しい経験だ。僕たちのチームは新しいテクノロジーを使ってバックカントリーに挑んでいる。今までにない形でスノーボードを捉えたいと思っているんだ」とコメントしている。

『The Fourth Phase』のウェブサイトはこちら

read more about
Next Story