レール&レールの仰天フリースキーエディット!

レールだけでここまでできる? ネクストレヴェルのフリースキーエディットを紹介!
By Kyle Meyr & Adrian Berggren

イェスパー・ジェイダーが自分の理想のフリースタイルパークを作り、そこで最もクレイジーでクリエイティブなレールエディットを制作した。世界を代表するフリースキーヤーとして知られるスウェーデン出身のジェイダーはこの3分間のエディットで数々のトリックを披露している。まずは映像を確認してもらいたい。

『Unrailistic』と名付けられたこのプロジェクトは、ジェイダーが通常のスロープスタイルコースに飽きてしまったことが発端だった。長年に渡り同じ形状とレイアウトのレールが用いられてきたスロープスタイルには変化が必要だったのだ。そしてその変化を加えるべく、ジェイダーが地元スウェーデンに理想のパークを建造した。

無限の可能性を秘めたパーク © Red Bull

建造に6週間を要したこのパークはジェイダーの夢が現実になったもので、レールを擁する他のパークとは完全に異なる。ここではブランコからのレールや、レールからレールへのビッグエアなど、レールを使ったライディングが徹底的に楽しめる。

そしてField Productionsがこのパークを舞台にジェイダーのエディットを撮影したことで、今回のクリエイティブで面白い映像が誕生した。尚、この映像のラストには『Supervention II』が制作中であることが発表されているため、2013年以来となる新作への期待も高まる。

前作『Supervention』はハードコアなスキーシーンをメインストリームにどう紹介すべきかを見事に示した作品だった。ノルウェー国内の映画館で上映されたあと、様々なフォーマットでリリースされている。今回の『Unrailistic』の仕上がりから察するに、続編も期待ができそうだ。

read more about
Next Story