8連続で270をメイクした超絶レールライド映像の舞台裏

8連続のレールで270を次々とメイクしたスノーボードプロジェクトの解説映像を紹介!
セバスティアン・トゥート © Scott Serfas/Red Bull Content Pool
By Christina Krcevinac & Charlie Grinnell

セバスティアン・トゥートがダウンヒルの8連続レールで270を次々とメイクし、スノーボードのテクニカルレベルを引き上げることに成功した。レールトリックに求められるアートとスキルを披露するのがこのプロジェクト『All 8』のゴールだった。X Gamesのメダリストであるトゥタンは常に限界をプッシュすることで、アスリートやスノーボードシーンの成長を促そうとしている。

『All 8』の解説映像をチェック!

セバスティアン・トゥートの生まれ故郷、カナダ・ケベック州はテクニカルなレールライド発祥の地としても知られている。今回の撮影に使用されたコースは、トゥートがスノーボードを学んだ同州のスキーリゾートVal Saint-Cômeに特別に設営されたものだ。今回の撮影には全長7mのレールが8本連続でダウンヒルに配置された。

トゥタンの友人であるスノーボーダー、クレイグ・マクモリスは今回の映像について次のように説明している。「セバスティアン・トゥートという名前はスノーボードシーンで既に有名だけど、今回の映像は彼を更に有名にするだろうね。彼のボードコントロールと安定感には誰も敵わない。彼がメイクしたすべての270のテクニカルレベルは非常に高いし、しかも8連続なんだから、常軌を逸しているよね!」

『All 8』の映像はこちら

read more about
Next Story