シャモニーを攻める究極のフリーライド!

フランス・シャモニーで開催されたFreeride World Tourのハイライト映像を紹介する。
ジェイミー・リズット © Jeremy Bernard/Freeride World Tour
By Marion Schmitz

何週間にも渡り雪が降らず、斜面が荒れていたフレンチアルプス・シャモニー。しかし、突如として雪嵐が吹き荒れると今度はフリーライド用の斜面には雪崩が発生するほど雪が積もり、2016年1月だけでフランス国内で15人の死者が出た。しかし、ようやくその雪嵐も落ち着いてフレッシュなパウダーが楽しめる状況になり、50cm~100cmのフレッシュなパウダーと晴天の中、今年も無事Freeride World Tourが開催された。

男子ライダーのモチベーションは例年以上に高かったが、トップスキーヤーのジェレミー・ハイツとジョージ・ロドニーはそのモチベーションの高さが仇となって共にクラッシュ。今年のシャモニーを制したのは、ロイク・コロム=パットンで、美しいバックフリップをメイクして3度目のシャモニー制覇を果たした。また、カナダ出身の新星ローガン・ペホタが美しいラインを披露して2位、スロープスタイルのトリックをメイクしたファビオ・ストューダーが3位に入った。

シャモニーで開催されたFreeride World Tourのハイライトをチェック!

女子はワールドチャンピオンのエヴァ・ヴォルクナーがパワフルでテクニカルなラインを攻めて優勝。2位はビッグエアを2回メイクしたシルヴィア・モーザーが入り、3位には自信溢れるスムースなラインを披露したマチルダ・ラパポートが入った。

また、スノーボード部門では、不安定な天候下ではスキーよりも有利という特長を活かして、男女共にスピードのある強烈なライディングが披露された。

女子は、王者エステール・バレエが巨大な崖をジャンプで飛び越える素晴らしいライディングを見せたが、今年のシャモニーを制したのはアグレッシブでスピーディーなライディングを見せたアン=フローレ・マルクサーだった。3位には非常にテクニカルなラインを披露したルーキー、マリオン・ヒートリーが入った。

Freeride World Tourのフル映像はこちら。

また、男子は北米勢が表彰台を独占した。ベテランのラルフ・バックストロムがオリジナルなラインを披露して、ジェイミー・リズットに続く3位に入る中、優勝したのは現ワールドチャンピオンのサミー・ルーブケだった。ルーブケはアグレッシブにラインを攻めながら、360も数回メイクした。

read more about