スキーガイドが教えるシャモニーの魅力

世界を代表するフランスのスキーリゾートでフリーライドを楽しむためのヒントを現地のスキーガイドが教えてくれた。
シャモニーでのフリーライド © www.freerideworldtour.com/J.Bernard
By Andi Spies

ヨーロッパ最高峰モンブランの麓に位置するシャモニーはフランスを代表するフリーライドスポットだ。ヨーロッパ最古のスキーリゾートのひとつであり、1924年の第1回冬季オリンピックを開催した長い歴史を誇るシャモニーは2010年にFreeride World Tourの開催地にも選ばれており、近年は命知らずのフリースキーヤーやスノーボードフリーライダーたちを集めている。

また、シャモニーにはレ・ボッソン、レ・プラーズ、レ・ティーヌ、ル・ラヴァンシェ、アルジェンティエール、ル・ツールと複数の村も抱えている。シャモニーの中で一般人が訪問できる最高峰エギーユ・デュ・ミディ(3,842m)にはケーブルカーでアクセスできるが、ここに登ったあとは、モンブラン頂上(4,810m)に挑むか、マロリー・ルート、コスミック・クーロワール、グラシエ・ロン、メール・ド・グラースなど、豊富なバックカントリーライドを楽しむことが可能だ。

今回はシャモニーでスキーガイドを務めるジョナタン・シャルレにシャモニーのお気に入りのコースなどを教えてもらった。

Freeride World Tourの斜面 © www.freerideworldtour.com/P.Field

シャモニーでお気に入りのフリーライドコースは?
最初に思いつくのはシャモニーのクラシックと言われるコースだね。まず、アルジェンティエールからケーブルカーに乗って、グラン・モンテまで行くんだ。そこからは公式コースを滑って、そのままアルジェンティエール氷河までの有名なバックカントリーコースへ抜けていく。ここではクレバスに注意だね! そこからはコル・デュ・パッソンまでの650mの登りだ。最後の200mは細いクーロワールに沿って進んでいくから、アイゼンとロープを用意しておくことだね。アイシーなコンディションでは特に注意が必要だ。コル・デュ・パッソン(3,050m)に到着したら、あとはル・ツールまで1,700mの下りだよ。全開で飛ばして欲しいね! そして、ル・ツールに着いたらバスに乗ってアルジェンティエールに戻る。ここまでで大体6時間だね。最高のコースだよ。

 

Freeride World Tourで使われている斜面の名前は? なぜそこが選ばれているのでしょう?
Freeride World Tourで使用されている斜面は、ラ・フレジェールのスキーリゾートの中にあるエギーユ・プリーの斜面なんだ。エギーユ・プリーは標高2,400mの山で、使われている北東の斜面は斜度50度・全長500m。ベテランのフリーライダーだけが許されるスペシャルな場所なんだ。

エギーユ・プリーのドロップ © www.freerideworldtour.com/J.Bernard

1日中パウダーを楽しんだあとは麓のどの店でくつろぎますか?
友人と一緒のときは、アルジェンティエールのLe Slalomっていう店に行くね。

 

そのあとでパーティを楽しみたい場合はどこへ?
オススメはシャモニーのSoul Food(住所:Rue des Moulins)だね。良いバンドが出演する小さなヴェニューなんだ。行く時間が遅いと店に入れないよ。

世界屈指のスキーリゾート、シャモニー © chamonix.com

フリーライド用のギアやサービスが整っているショップは?
Zero G(住所:Avenue Ravanel le Rouge)はスノーボード、スプリットボード、フリースキーの最高のギアを取り揃えているよ。優秀なスタッフがいるし、スペアパーツも用意しているんだ。

 

経験豊富なローカルガイドを教えて下さい。
それはもちろん僕だね! 十分なトレーニングを積んでいるし、マウンテンガイドの資格も持っているよ。シャモニー周辺で育ったから、最高のフリーライドスポットに連れて行くよ。興味がある人はシャモニーのマウンテンガイドのオフィシャルページ、chamonix-guides.comから連絡してよ!

read more about
Next Story