『Raw 100』:ノア・ボウマン

ノー・BGM、ノー・スローモーション。天才フリースキーヤーのライディングをシンプルに楽しもう!
By Travis Persaud

「シンプルさこそ究極の洗練性」と言われているが、MTBバイクシーンで活躍する映像作家の才能と想像力を取り上げる企画『Raw 100』シリーズは、そこに焦点を当てている。

『Raw 100』の映像のルールは、「長さ100秒、スローモーション及び音楽は使用不可」とシンプルにまとめられている。このような制限の中、映像作家はクリエイティブに考え、普段とは違うアプローチで制作に挑まなければならない。

その『Raw 100』シリーズの最新エピソードとなる今回は、Moxley Cinemaがカナダ出身のフリースキーヤーのノア・ボウマンと組み、シーズン終了を目前に控えたカルガリー・オリンピック・パークでのライディングを収めた映像となっている。ハーフパイプの王者として知られるボウマンは日頃から強烈なトリックメイクを狙っており、詩人チャールズ・ブコウスキーの「危険なことをスタイリッシュにこなせばそれは芸術になる」という言葉を見事に体現している存在だ。この映像を見れば、ボウマンのライディングをもっと見てみたいと思うだろう。

他の『Raw 100』シリーズをチェック!

ノア・ボウマンのFacebookページとInstagramアカウントもチェック!

A photo posted by Noah Bowman (@noahbowmanski) on

read more about
Next Story