グザヴィエ・ドゥ・ラ・リュー in 野沢温泉!

フランス出身のトップスノーボーダーが日本のディープパウダーを楽しんだ!
By Beanie De Le Rue

先日、グザヴィエ・ドゥ・ラ・リューと、彼の妻であるわたし、ビーニー・ドゥ・ラ・リューは、スノーラバーが毎冬必ずやっていること、「日本旅行」を決行しました! わたしたち2人は野沢温泉を訪れ、ディープパウダー、天然温泉、道祖神祭り、そしてちょっと奇妙でしたがとても美味しい料理などを楽しみました。

野沢温泉は、724年頃、聖武天皇の奈良時代に行基によって開湯されたと伝えられています。この一帯は野沢温泉村として知られていますが、温泉はもちろん、長野随一の積雪量を誇ることでも知られており、わたしたちの滞在期間もその評価に恥じない見事な雪を恵んでくれました。

野沢温泉のディープパウダーをギャラリーでチェック!

20年で最悪の降雪量と言われていた2016-2017シーズンの野沢温泉周辺は、道路に雪は積もっておらず、辺りの景色も茶色でしたので、今回は運が悪かったと思っていました。ですが、日本では一晩雪が降れば、翌日はベストコンディションが楽しめます。滞在を通じてふわふわのパウダーが降ってくれたので、わたしたちもネックディープのパウダーラインを存分に楽しむことができました。

1日中滑ったあとは、野沢温泉村の温泉にしっかりとつかって体を温め、イカの塩辛やイナゴなどが出てくるディナーを楽しみました(一度で十分でしたが)。また、幸運なことに、大きな社殿に火を入れる道祖神祭りも見ることもできましたが、たいまつが振られ、日本酒が振る舞われていたこのお祭りは非常に激しく、安全面が全く考慮されていないように思えるほどでした。

 

今回の日本旅行は、急斜面とアイシーなクーロワールを攻めることが多いわたしたちの通常のアドベンチャーとは少し違いましたが、ディープパウダーで最高のツリーランをエンジョイできました!

read more about
Next Story