CATCH&FLOW出場海外勢どどーんと発表&紹介〜〜〜!!!

海外で活躍するけん玉の選手達を紹介!
By KENDAMAN

皆さんどうもKENDAMANです。遂に来週に迫ったCATCH&FLOWですが、国内のエントリーも閉め切られた所で、海外からのエントリー&招待選手をご紹介致します〜。

まずは世界最大のけん玉メーカーであり最も有名なけん玉チームのKENDAMA USAから4名の参加

KENDAMA USA logo

MCとして参戦、本戦にも出場のウワサ、最高のFLOWの持ち主JAKE WIENS

彼のムーブは彼にしか出来ないですし、もちろん難易度の高い技も入れ込んでますが簡単な技でもJAKE的見せ方でオリジナルに変化します。いつも面白い技を考えている彼の参戦は本当に嬉しい事です!!また今回は基本MCとして僕と一緒にステージを盛り上げてくれます。

世界一のパフォーマンス要素を魅せるブレイカーDAVE MATEO

とにかくド派手な動きで魅了するダンサーとしても活躍する陽気なDAVE。スキルはもちろん超一流、更にブレイクダンサーの彼ならではの体の使い方、流れの美しさ、技の決め方が高完成度に繋がる。決勝トーナメントの45秒2ターンづつのステージは彼にとって最も得意とするフォーマットではないかとの前評判です。

超人並みの身体能力の持ち主、両腕使いのナイスガイTJ KOLESNIK

KENDAMA USAのムードメーカーな彼はクラシックな技から最新の技までと幅も広く、そしてその技を左手でも出来るという特殊能力者なのである。コンボの中に左右のコンビネーションを入れて来る等の独創性に期待!!

キュートなビジュアルにエグい?技!世界最強女子 HALEY BISHOFF

男顔負けのダイナミックな技を連発するヘイリー。女子特有の細かい感覚を活かしたバランストリックを空中技に織り込むスタイルは観客を楽しませてくれます。オーディエンスを味方にバトルを勝ち進むのか?

世界で爆発的な人気を誇るブランドSWEETS KENDAMAから

SWEETSの社長 MATT "SWEETS"JORGENSON

人気プレイヤーが多数所属する中で変わらず一番人気のプレイヤーとして世界中から愛されるSWEETSは数々のオリジナルトリックを編み出しており、オールマイティなスタイルはバトルに最適と言える。相手を見ながら変幻自在にFLOWの色目を変えるカメレオンSWEETSの戦い方に要注目。

ヨーロッパを代表するブランドKROMから

元レスリングデンマークチャンピオンのけん玉モンスター THORKILD MAY

スピード感とテンポに溢れるかれのコンボは独創性の固まり。ストリングス、ジャグリング、タップと現在の流行の流れをいち早く取り入れていたトーキルは完成度も高く、優勝候補の一人として生き残る事間違い無しと思われる。

パフォーマーとして古き伝統の技を入れ込む独自のコンボの持ち主
KROMの経営者 Philip Eldridge

超長い手足のフィジカルを活かした大きな動きの中に考えつかない面白い技を混ぜる。愛嬌のあるフィリップは技のフィニッシュに非常にこだわりがあり、観客を笑わせる事にも長けたパフォーマ気質も伺える。ステージ慣れしている彼の余裕のパフォーマンスを見たい。

世界一の実力を誇る新鋭ブランド
KENDAMA COから

2014 KENDAMA WORLD CUP CHAMPION BONZ ATRON

優勝候補筆頭のボンズ。ワールドカップでは前評判を裏切らずチャンピオンに輝いた。とにかく高い難易度とハイスキル故の独創性、そして完成度の高さもとてつもない。まだ3年弱のキャリアにも関わらず神の領域にいるボンズはCATCH&FLOWのフォーマットでもその強さを発揮するに違いない。

世界一のスキル、洗練された完成度の高いスタイリッシュなプリンス KRIS BOSCH

W杯では同門のボンズにわずか10ポイント差でチャンピオンに届かなかったクリスボッシュ。しかしその実力はボンズ以上とも言われ、想像を絶する難易度、美しいムーブと洗練されたコンボはC&Fに最も適したプレイヤーである。

カナダのハンドメイドの人気ブランド
TERRA KENDAMA

けん玉と共に世界を旅するROMA
RODDAMA

オリジナルのFLOWと言えば彼の事が頭に浮かぶ程独特なFLOWの持ち主。世界中を旅して得た経験値の高さは世界一。常に新しいコンビネーションを見つけ出すロッドはCatch & Flowで何を見せてくれるか。

と楽しみな選手ばかり。日本人選手も有力者ぞろいなのでこりゃ当日楽しみだわ。それぞれの違うスタイルがぶつかり合うバトルフォーマットのトーナメントは盛り上がる事間違い無し。

いや〜楽しみだ〜!!

Catch & Flow詳細はこちら

read more about
Next Story