意外なキャンバス:『What the Dama!?』のけん玉アート

75人のアーティストが制作した82個のオリジナルけん玉アート
意外なキャンバス:『What the Dama!?』のけん玉アート
意外なキャンバス:『What the Dama!?』のけん玉アート
By D.H. Rosen

* Please scroll down for English

「けん玉」は、「けん(剣)」と「玉」が糸でつながった日本の伝統的なおもちゃです。けんは、玉を受ける3つの皿と、玉の穴にぴったりと合うけん先で構成されています。この昔ながらの遊びがどのように始まったか定かではありませんが、ひとつ言えることがあります。けん玉を最初に考えた人は、現代のけん玉がまさかこれほど姿を変えるとは思ってもみなかったでしょう。

ここ10年ほど、けん玉の人気が世界中で再燃しています。国内外のスキーヤー、ローラーブレーダー、BMXライダー達が、マストなアクセサリーとしてけん玉を持つようになったのがきっかけです。そして今回、けん玉は東京でさらに生まれ変わります。なんと、ユニークなアート作品のキャンバスとして、ギャラリーに並ぶことになりました。けん玉アートを展示する『AROUND THE WORLD “What the Dama!?”』エキシビションは、9月30日まで東京のUltraSuperNewギャラリーで開催中です。

最近まで、けん玉と言えば日本の子ども達が(ときに祖父母と)する遊びでした。それがこんにちでは「イケてる若者」が技を競うものになりました。米国での人気の高まりがその一因になっているようです。

『What the Dama!?』のキュレーターである木村槙平氏はこう振り返ります。「アメリカのけん玉ブームは2006年に始まりました。僕の友達にスケーターで写真家のジェレミー・スティーブンソンという人がいるんですが、彼がその年に来日して、日本のスキーヤー、ローラーブレーダー、BMXライダーなどがみんなけん玉をしているのを見たのがきっかけです。とても面白いから国に持ち帰りたいと思ったそうです。僕がいくつか送ったんですが、そのうち自分でも作り始めたそうです」

ジェレミー・スティーブンソン氏はKendama USAという会社を興してオリジナルのけん玉を製造・販売。同社のけん玉は世界中のスキーヤー、ローラーブレーダー、BMXライダーのマストアイテムとなっています。そして、日本に「逆輸入」される他の流行と同様、海外でもてはやされるほど国内でもよりかっこいいものとして評価されるようになりました。

「まさかこんなに話題になるとは。まだ信じられないんです。このブームは本物なのか、ただの冗談なのか」と木村氏。

この疑問の答えを探すべく、木村氏は日本各地のアーティストの手を借り、『What the Dama!?』プロジェクトでけん玉のさらなる可能性を探ることにしました。表現の自由を前提として、今回のエキシビションではルールを設けませんでした。分解や破壊もあり、元の形に何を加えてもOKという完全に自由な条件がアーティストに与えられました。

その結果、75人のアーティストが制作した82個のオリジナルけん玉アートで、ギャラリーは文字通り埋めつくされました。作品は、元の形には手を加えずペイントを施したものから、複雑に彫り込まれけん玉の形が残っているのかすら分からない彫刻作品までさまざまです。参加アーティストも、新進気鋭のストリートアーティストから著名な着物デザイナーまで多彩なラインナップで、『Red Bull Curates Canvas Cooler(RBCCC)』経験者も多数出品しています。pokke104(2012年RBCCC東京)、JAY SHOGO(2013年RBCCC東京)、CAB(2013年RBCCC京都)などの優れたアーティストがユニークなキャンバスに自身の特徴的なスタイルを表現した作品を、ぜひ探してみてください。参加アーティストがみなそれぞれ心から楽しんで、この一風変わったキャンバスに向かったことが伝わってきます。また、幅広いテクニックやデザインが使われており、豊かで刺激的な内容の展示になっています。

木村氏が胸の内を語ってくれました。「次々と届く作品の多様性に驚きました。私にとって、このプロジェクトで一番の発見は、けん玉のフォルムはそれ自体がとても美しいということです」

今後の計画についてもお聞きしました。

「このエキシビションを大阪でもやろうと話しています。そしてアーティストがもっと大勢集まったら、世界ツアーに出ようって」と木村氏。

オープニングに400人以上が出席していることから、『What the Dama!?』が各地で開催される日もそう遠くはないかもしれません。東京近郊にお住いの方は、プロジェクトの原点であるUltraSuperNewギャラリーにぜひお越しください。

 

『AROUND THE WORLD “What the Dama!?”』は9月30日まで東京のUltraSuperNewギャラリーで開催中。入場は無料です。詳しくは、以下のリンクをご覧ください。
http://gallery.ultrasupernew.com/portfolio/around-the-world/

UltraSuperNewウェブストアでも作品をご覧いただけます。また、オンラインで購入することもできます。
http://shop.ultrasupernew.com

こちらでは、プロによるけん玉パフォーマンスをご覧いただけます。
http://youtu.be/OQnbTS8lcjI

 

UltraSuperNew 360˚ギャラリービュー

我らがTokyoDexのD.H.Rosen作「ブリン玉(Bling Dama)」:展示作品の中でもとくに実用性に欠けるアートになっています

JAY SHOGO氏の作品を鑑賞する、ギャラリーを訪れた一家とキュレーターの木村槙平氏

────────────────────

Catchy Canvases: Kendama Art at “What the Dama!?”

The “Kendama” is a traditional Japanese toy that consists of a ken (sword) and tama (ball) connected by a string. The ken has three cups to catch the tama, as well as a spike that fits snugly into the hole in the ball. While the exact pedigree of this age-old game is unclear, one thing is certain; the originators of the Kendama could never have predicted its modern-day transformation.

In the past decade, Kendama have enjoyed a booming international revival as skiers, rollerbladers and bmx riders both at home and abroad have adopted them as must-have skate accessories. Now in Tokyo, Kendama are being reincarnated yet again, this time as canvases for one-of-a-kind works of art in the AROUND THE WORLD “What the Dama!?” exhibition, on display now through September 30 at UltraSuperNew Gallery in Tokyo.

Until recent years, the Kendama was played mainly by young Japanese children and perhaps their grandparents, but these days all the cool kids are doing it, in part due to its rise in popularity in the United States.

“The whole Kendama movement in the USA started in 2006 when my skater/photographer friend Jeremy Stephenson came to Japan and saw all of the skiers, rollerbladers and bmx riders here playing the Kendama,” explains “What the Dama!?” curator Shimpei Kimura. “He thought it was something very unique and wanted to bring it back home. I sent him some Kendama to the States, and pretty soon he started making his own.”

Now Jeremy Stephenson has his own company called Kendama USA and his original products have become prevalent companions for skiers, rollerbladers and bmx riders everywhere. And like many “reverse-import” trends in Japan, the more attention something Japanese gets overseas, the cooler it becomes at home here in Japan.

“I can’t believe it developed into this. I’m still trying to figure it out… Is this movement for real, or is it a joke?” muses Kimura.

To answer this question, he decided to seek the help of artists across Japan to further explore the possibilities of the Kendama through the “What the Dama!?” project. Given complete freedom of expression, this exhibition had no rules. Artists could deconstruct, destroy, or add to the original form in any way they pleased.

The result is a gallery literally packed with 82 original Kendama artworks made by 75 artists, ranging from simply painted unmodified forms, to sculptures so intricately carved and altered that it is hard to know if there is still a Kendama inside somewhere. Participants range from up-and-coming street artists to famous Kimono designers, and many of our own “Red Bull Curates Canvas Cooler” alumni also joined the mix. Look for the work of luminaries like Pokke104 (RBCCC Tokyo2012), Jay Shogo (RBCCC Tokyo2013) and CAB (RBCCC Kyoto 2013) applying their signature styles to these unique canvases. Overall, it is clear that each artist really enjoyed working with these unlikely canvases, and the large range of techniques and designs employed makes for a well-rounded and exciting show.

“I was amazed at the diversity of the artwork that was coming in,” shares Kimura “My biggest discovery through this project was realizing the form and shape of the Kendama is so beautiful on its own.”

So what’s next?

“We’re talking about taking this to Osaka, and as we get more and more artists, we want to take this exhibition around the world,” says Kimura.

With over 400 people attending the opening, this show may just have the traction needed to take “What the Dama!?” to a town near you soon. In the meantime, for those of you in Tokyo, drop by UltraSuperNew gallery to see where it all started.

 

AROUND THE WORLD “What the Dama!?” is showing through September 30 at UltraSuperNew Gallery. Entrance is free.
Details: http://gallery.ultrasupernew.com/portfolio/around-the-world/

Work can also be viewed and purchased online at the UltraSuperNew web store:
http://shop.ultrasupernew.com

This is what a Kendama looks like in the hands of a professional:
http://youtu.be/OQnbTS8lcjI

 

UltraSuperNew 360˚ Gallery View

“Bling Dama” by TokyoDex’s own D.H. Rosen is one of the less functional pieces on display

Curator Shimpei Kimura and a family of gallery visitors admiring the work of artist Jay Shogo

read more about
Next Story