ゲーム

ゲーム制作経験ゼロの状態からノベルゲームを作る3つの方法

© 2015 STRIKEWORKS
簡単操作でオリジナルのノベルゲームを作れるツールを紹介。
Written by Giichi Totsuka公開日:
『ティラノビルダー』
『ティラノビルダー』

"物語を嗜む作法"のひとつとして確立したノベルゲーム

テキストで綴られる物語をゲーム形式で楽しむことを主体とした"ノベルゲーム"は、1992年にゲームメーカー、チュンソフト(※現:スパイク・チュンソフト)がスーパーファミコン用ソフトとして発売したサウンドノベル『弟切草』から顕在化したゲームジャンルである。
グラフィックとサウンドは"物語の場面の状況や臨場感をより直接的に伝える手段"として、インタラクティブ性は"ゲーム世界の時系列の任意的・恣意的な移動手段"としてのみ機能する、テレビゲームとしてかなり割りきったスタイル。
その性質上、比較的少ない開発リソースでもプレイヤー満足度の高い作品の制作が可能とあって、1990年代後半以降、美少女ゲームメーカーを中心に、ノベルゲームタイプの作品が数多くリリースされてきた。その中には、テレビゲームの枠を超えてヒットしたタイトルも少なくない。『ひぐらしのなく頃に』(2002年)や『Fate/stay night』(2004年)、『STEINS;GATE』(2009年)あたりは、原作ゲームをプレイしていなくても、漫画版やテレビアニメなどで、その物語世界の魅力に触れているファンも多いだろう。
初心者向けノベルゲーム制作ソフト3選
いざ個人レベルでノベルゲームを制作してみたいと思った時、昨今では、より気軽に始められる上に高機能なツールが揃っている。以下に、その代表的なものを紹介する。それぞれ得意とする機能や、追求できるクオリティの方向性が異なるので、自分のスタイルに合ったものを選ぼう。

『ラノゲツクール』

『ラノゲツクール』
『ラノゲツクール』
RPG制作ソフト『RPGツクール』シリーズを展開しているKADOKAWAが2017年春にリリースを予定しているスマホアプリ。"ライトノベルゲームツクール"の略で、複雑な操作をすることなく文章主体のゲームを作る機能に特化している。外出中の空き時間などに、SNSアプリを操作する感覚で気軽に制作できるため、ゲーム制作の入門用に最適。完成した作品は、同アプリをインストールしているユーザー間で利用できるクローズドなネットワーク環境で公開可能。
キャラクターの立ち絵や背景グラフィックはプリセットのものが用意されていて、自由に使用可能。KADOKAWAが保有するIPコンテンツのキャラクター素材も配信予定とのことで、指定のガイドラインに沿った形での"二次創作もの"を制作・公開することが可能となる。
【ソフトデータ】
『ラノゲツクール』
■対応ハード:iOS 端末 Android 端末
■配信時期:2017年春 配信開始予定
■価格:基本無料(一部有料課金あり)
■パブリッシャー:株式会社KADOKAWA
■公式サイト: https://tkool.jp/lng

『Script少女のべるちゃん』

『Script少女のべるちゃん』
『Script少女のべるちゃん』
『Script少女のべるちゃん』
『Script少女のべるちゃん』
直感的なインターフェイスで、オーソドックスなスタイルのノベルゲームを作成できるスマホアプリ。「テキスト(表示)」、「画像表示」、「画像移動」といった単位で用意されているスクリプト(ある一連の動作を実行・完了する手順をひとまとめにして扱うためのコマンド)を追加していき、それらを並べ替えたり、詳細を入力・設定することで、シーンを組み立てていく。
グラフィックやサウンドの素材は、作品ごとに必要なぶんを専用のダウンロードサイトからダウンロードして使用可能。オリジナル素材は追加できないものの、それぞれのユーザーが創意工夫し、独自の世界を作り上げている。中には、画像のアニメーション機能の充実ぶりを生かして、ノベルゲームというよりはムービー風映像の作成に執心しているユーザーも。作品は、同アプリのユーザーのみに公開できるほか、誰でも遊べるブラウザ版としての公開も可能。
【ソフトデータ】
『Script少女のべるちゃん』
■対応ハード:iOS 端末 Android 端末
■配信時期:配信中
■価格:無料(広告表示あり)
■パブリッシャー:株式会社ドロップシステム
■公式サイト: https://www.novelchan.wgt.jp/

『ティラノビルダー』

『ティラノビルダー』
『ティラノビルダー』
『ティラノビルダー』
『ティラノビルダー』
個人のエンジニアが開発した、マルチプラットフォーム対応(Windows、Mac、iOS、Android、ブラウザゲーム)のノベルゲーム制作ソフト。もともとは、ノベルゲーム開発用スクリプトエンジン"ティラノスクリプト"を、ゲーム開発になじみのないユーザーでも利用できるようにするための支援ツールで、実際、本ソフトが標準でカバーしている機能だけでも十分制作できる。
オリジナル素材は使い放題(※無料版では、ひとつの作品に使用できるグラフィックの数が制限されている)。プロジェクトデータはティラノスクリプトとまったく同じ方式で保存されるため、独自スクリプトやJavascript言語を少し覚えれば、シナリオファイルをテキストエディタで直接開いて微調整・カスタマイズが可能……と、PCソフトならではの融通を利かせられる。完成した作品のパッケージを商用ソフトとして自由に販売・配信できるのも大きな魅力だ。
【ソフトデータ】
『ティラノビルダー』
■対応ハード:Windows Mac
■配信時期:配信中
■価格:無料 ※Pro版は1480円
■パブリッシャー:STRIKE WORKS ※Steam販売版はNyu Media
■公式サイト: http://b.tyrano.jp/