ゲーム

『ウイイレ2019』:8つの特徴

© Konami Digital Entertainment
Written by Fraser Gilbert
Konamiが世界に誇る長寿サッカーゲームシリーズの最新作の特徴を一挙紹介!
近年の『ウイイレ』シリーズは大幅な進化を遂げており、KonamiFox Engineがサッカーの魅力を最大限まで引き出している。
昨年リリースされた『ウイイレ2018』も、オンラインCO-OPや一新されたヴィジュアル、直感的なドリブルなど、数多くの新機能が用意され、高い評価を得ていた。
そして2018年8月、シリーズ最新作『ウイイレ2019』がリリースされた。
FIFA 19』よりも約1ヶ月早いリリースとなった今作はサッカーゲームファンにとって “買い” なのだろうか? もちろん、その答えは “イエス” で、その理由は数多く存在する。
今回はその中から8つをピックアップした。

1: “Magic Moments”

11種類の新スキルが追加された
11種類の新スキルが追加された
今作のゲームプレイの特徴は “Magic Moments” というグローバルコピーでまとめられており、例年通り、様々な新機能や改良された機能が盛り込まれている。
まず、『ウイイレ2019』にはノールックパスを含む11種類の新スキルが収録されており、これまで以上に選手の個性が重視されているため、自分の憧れの選手のプレースタイルを真似ることが可能になっている。
また、新しいアニメーションとサッカーらしい動きをする調整が加えられているため、よりリアルなフィーリングが得られる。

2:スタミナの影響力

『ウイイレ2019』では、「疲労度の視覚化」が進められているため、選手のスタミナがプレーに与える影響がより大きくなっている。疲労はアニメーションカットシーンで表現され、疲労している選手は試合への貢献度が低下する。
この新機能は、アウトオブプレー時の “クイックサブ(交代)” 機能と連動している。“クイックサブ” は、ポジションや疲労度に応じて交代選手の候補がリアルタイムで表示される機能で、試合の流れをキープした交代が可能になる。

3:進化したヴィジュアル

天候「雪」が復活
天候「雪」が復活
PS4 Pro・Xbox One S/X・高性能PCを所有しているなら、4K HDRで『ウイイレ2019』が楽しめる(日本はPS4版のみ)。
我々がプレイした4K HDRのデモ版は圧倒的なクオリティで、スタジアムからまでが美しく表現されていた。また、観客の描写も向上している他、久しぶりに天候に「」が復活している。

4:ミドルウェア “Enlighten” のライティング

『ウイイレ2019』のヴィジュアル面の進化で最も特徴的なのがライティングで、時間帯によってスタジアムの雰囲気がリアルタイムで変化するようになっている。
これは、ミドルウェア “Enlighten” によるもので、5月に発表されたプレスリリース内では「リアルタイムでオブジェクトの間接光をシミュレートする」と説明されている。
また、今作では試合前の設定次第で試合中に天候変化を加えることも可能だ。

5:新たなライセンス

新ライセンスも追加された
新ライセンスも追加された
10年ぶりにUEFAチャンピオンズリーグのライセンスが『ウイイレ』シリーズから『FIFA』シリーズへ移ったが、Konamiはこのダメージを最小限に抑える努力をしており、新たなリーグライセンスの取得に成功している。
ロシアアルゼンチンポルトガルトルコスコットランドの1部リーグが収録されている他、シャルケセルティックレンジャーズがパートナークラブとして追加されている。

6:生まれ変わったmyClub

『FIFA』のUltimate Teamに対するKonamiからの回答と言えるmyClubは『ウイイレ2019』で大きく進化しており、獲得コストからトレーニング方法に至る全てが改良されている。
その中で最も大きな改良点と言えるのが、Ultimate Teamに似た、選手のカード表示だ。また、選手のレーティングは現実世界の活躍に合わせて変化するようになっている。さらにKonamiは、マラドーナクライフベッカムに加え、新たなレジェンドが登場することも約束している。

7:ベッカム

“ベックス” が大々的にフィーチャーされている
“ベックス” が大々的にフィーチャーされている
Konamiは、2017年8月に複数年の長期独占契約を結んだデヴィッド・ベッカムを『ウイイレ2019』で大々的にフィーチャーしており、購入特典として、3Dスキャンされた2018年現在のベッカムを用意している(スタンダード エディションではレンタルのみ)。
また、ゴールドのスティールケース入り「ベッカム エディション」もリリースされている。

8:進化したマスターリーグ

『ウイイレ2019』は、マスターリーグ・リニューアル3年計画の初年度に相当する。
今作ではプレシーズンに「インターナショナルチャンピオンズカップ」が組み込まれている他、交渉・移籍システムもアップデートされている。さらに、メニュー表示の調整も行われている他、選手育成システムの改良もいくつか追加されている。
   
Twitterアカウント@RedBullGamingJPFacebookページをフォローして、ビデオゲームやesportsの最新情報をゲットしよう!