Best beginner motocross bikes – KTM 250 SX-F

初心者向けモトクロッサー ベスト5

© KTM Images/Red Bull Content Pool

今年こそモトクロッサーを手に入れてモトクロスに挑戦したい? 初心者に最適なモトクロッサーを5台紹介しよう!

モトクロスは間違いなく地球上で最もクールなモータースポーツのひとつだ。アドレナリンラッシュはトップレベルで、ダートバイクに乗りながら次々とエアを繰り出せるその楽しさは他とは比較できない。

しかし、小学校に上がる前から地元のモトクロス用レーストラックを走り回っていない限り、このオフロード・スペクタクルをとっつきにくいものに思うはずだ。そしておそらくはこのスポーツに触れられる機会も少ないだろう。

しかし、実際は非常に簡単に始めることができる。最近は比較的安価でモトクロッサーを手に入れることができるのだ。そこで今回は、素晴らしきモトクロスの世界に足を踏み入れたいと思っている人のために最適なモトクロッサーをいくつかピックアップしてみたので参考にしてもらいたい。

2ストローク vs. 4ストローク

まずは初心者のために2ストロークと4ストロークの違いを簡単にまとめて解説しておこう。

基本的に2ストロークバイクは4ストロークバイクよりも安価で手に入れることができる。システムは非常にシンプルでエンジンサウンドもクールだ。4ストロークバイクよりも乗っていて楽しいという意見もある。しかし、2ストリークバイクはメンテナンス頻度が高く、ハイスピードライドが難しいというデメリットがある。

一方、4ストロークバイクはパワーがスムースに得られるためライディングが楽で、レースで使用される機会も多い。しかし、メンテナンスの費用が高く、車重が重く、スターターモーターが備わっていない場合、エンジンを始動させるのが難しいというデメリットがある。

今回は初心者に最適と思われる以下の5台を紹介していく。尚、後半にはキッズ向きのモデルも紹介しているので、こちらも併せてチェックしてもらいたい。

  • KTM 250 SX-F
  • Yamaha YZ125
  • Honda CRF450R
  • KTM 150 SX
  • Honda CR250

1. KTM 250 SX-F

Best beginner motocross bikes – KTM 250 SX-F
KTM 250 SX-FでMX2タイトルを3度獲得したジェフリー・ハーリングス

推薦理由:レース向き /  ハイパワー / ハイスピード

いち早くレースに参加したいと考えている人にオススメなのがKTM 250 SX-Fだ。このバイクは多くのライダーの間で、250cc・4ストロークバイクの中で最もレース向きのモデルとして考えられている。KTMはこのマシンと共に過去9シーズンのモトクロス世界選手権MX2クラスで8勝を挙げている。これは圧倒的な数字だ! 2011年に250 SX-Fはキャブレターをより近代的で多くのライダーに好まれていたEFI(エレクトロニック・フュエル・インジェクション)に変更しているが、我々としては2012年以降のモデルの購入をオススメしたい。なぜなら、2012年モデルからはスターターモーターも標準装備されているからだ。非常にスムースでパワフルなライディングを提供してくれるKTM 250 SX-Fは簡単にスピード感溢れるモトクロスが楽しめる。ちなみに現行モデル(2017年モデル)は102万円(本体価格・消費税込み)で販売されている。

KTM 250 SX-Fの詳細はこちら

2. Yamaha YZ125

Best beginner motocross bikes – Yamaha YZ125
優秀なビルドクオリティを誇るYamaha YZ125

推薦理由:信頼性・ハンドリング・標準スペック・ビルドクオリティに優れている

Yamaha YZ125はモトクロス初心者にパーフェクトな2ストロークバイクだ。このバイクはビルドクオリティの高さから信頼できるバイクとして世界的に高い評価を得ている。ハンドリング性能の良さでも知られるYZ125は他のどのモトクロッサーよりも優れたサスペンションセッティングを標準装備している点も大きな特長だ。2005年以降、Yamahaはこのバイクの改良をそこまで重点的に行なっていないが、良いものを変える必要はないということだろう。現行モデルは61万5,600円(本体価格・消費税込み)で販売されている。

Yamaha YZ125の詳細はこちら

3. Honda CRF450R

Best beginner motocross bikes – Honda CRF450
パワー重視のライダーにオススメなHonda CRF450R

推薦理由:非常にパワフルだがビルドクオリティと信頼性が高く、乗りやすい

上に紹介した2台はMX2クラスモデルだが、ハイパワーなライディングが楽しみたいという人に最適なバイクと言えるのが、Honda CRF450Rだ。Hondaはビルドクオリティと信頼性の高さで世界中から愛されているメーカーであり、CRF450Rもその世界的評価を損なわない素晴らしいバイクだ。

2013年、Hondaはデュアルマフラーとフロントフォークエアサスペンションを追加し、エンジンも大幅に改良したフルモデルチェンジモデルを発表したが、2017年にもエンジン特性を更に改良したモデルを発表している。CRF450Rはパワー重視のバイクでオープンクラスのレースを楽しみたい人に最適のモデルだ。初心者でも簡単にライディングが楽しめる扱いやすさと強烈なパワーが特長のこのバイクの2017年モデルは93万9,600円(本体価格・消費税込み)で販売されている。

Honda CRF450Rの詳細はこちら

4. KTM 150 SX

Best beginner motocross bikes – KTM 150 SX
ファクトリーバイクのようなフィーリングが得られるKTM 150 SX

推薦理由:ファクトリーバイクの感覚が得られる軽量&ハイパワーモデル

KTMは150cc・2ストロークバイクを製造している数少ないメーカーのひとつで、KTM 150 SXは我々が最も気に入っているモトクロッサーと言っても良いだろう。このマシンは羽のような軽さを誇りながら125ccよりもトルクとパワーに優れているので、スペシャルなライディングが楽しめる。手頃な価格で125ccのファクトリーバイクをライディングしているようなフィーリングが得られるバイクなので、跨った瞬間に笑顔になってしまうだろう。2017年モデルは90万円(本体価格・消費税込み)で販売されている。

KTM 150 SXの詳細はこちら

5. Honda CR250

Best beginner motocross bikes – Honda CR250
旧式だが優秀なHonda CR250

推薦理由:安価でパワフル。投資対象としても優秀!

これは少し変わった1台と言えるだろう。Hondaは2007年(日本では2004年)を最後にCR250シリーズの製造を終了しているが、このシリーズの「モトクロッサーの殿堂」入りは確実と言える。尚、CR250Rはあの伝説のモトクロスライダー、リッキー・カーマイケルが初の無敗を記録したシーズンで使用していたマシンとして良く知られている。

Hondaにとって最後の2ストロークモトクロッサーとなったこの伝説のバイクは今でもカルト的な人気を誇っている。CR250Rはモトクロスを最低コストで始められるバイクのひとつだが、そのカルト的人気のため、最終的には購入価格よりも高く売り捌ける可能性も秘めており、海外ではその価値が年々高まっている。Hondaらしい信頼性とルックスを備えているこのバイクはパワーも十分なため、素晴らしいライディングフィールを提供してくれる。最高のライディングを楽しんだあとで、元値分を取り戻せる可能性さえあるのだから、このバイクを手に入れない理由はないだろう。オススメは2001年モデルから2007年モデルだ。

最後にキッズ用3モデルも紹介しよう!

  • Yamaha PW50
  • KTM 65 SX
  • Husqvarna TC85

Yamaha PW50

世界各地で活躍するプロモトクロスライダーの90%はこのPW50からキャリアをスタートさせたはずだ。気軽にモトクロスが楽しめるこのバイクは対象年齢が4歳〜6歳に設定されている。トップスピードが抑えられているなど安全性は非常に高いので、モトクロスの基本を学ぶのに最適なモデルだ。

KTM 65 SX

8歳から12歳までのジュニアライダーのための究極のモトクロッサーと言えるKTM 65 SXは、彼らの “マイファーストギアバイク” だ。このバイクのおかげで、最近のキッズたちは本格的なレース仕様のモトクロッサーを簡単に楽しめるようになった。

Husqvarna TC85

Husqvarna TC85は12歳から16歳までのキッズにパーフェクトなバイクだ。標準装備だけで十分にレースを戦えるこのバイクは、フルモデルとほぼ性能が変わらないため、レーシングキャリアをスタートさせるのに最適なバイクと言えるだろう。