Gaming

格闘ゲーマーのボンちゃんがレッドブル・アスリートに!

© Apolline Cornuet / Red Bull Content Pool/
格闘ゲームを中心にゲームの社会的地位の向上をめざしているTOPANGAに所属しているゲームプレイヤーボンちゃん(28歳)が、レッドブル・アスリートの一員に加わりました。
Written by Red Bull Japan公開日:
eスポーツ · 1分
Welcome to the Red Bull Family, Bonchan!
ボンちゃんこと髙橋正人は、初めて本格的に取り組んだ格闘ゲームである『ストリートファイターⅣシリーズ』において『Red Bull Kumite』優勝、 『EVO 2014』準優勝と、国内だけでなく数々の世界大会で素晴らしい結果を残してきました。格闘ゲームに真摯に取り組む姿勢と、サービス精神溢れる人柄は、多くのファンから愛され、プロとしての活躍を最も待ち望まれていたプレイヤーです。
ボンちゃん
ボンちゃん
レッドブル・アスリートの一員となったことについて彼は下記のようにコメントしています。
きっかけは今年パリで開催されたRed Bull Kumiteでした。大会としての規模だけでなく、演出も素晴らしく、この大会を通してレッドブルが如何にゲームに注力しているかを実感しました。それから、レッドブルの様々な取り組みを知り、ゲームシーンを盛り上げていくための最高のパートナーであると確信し、レッドブル・アスリートの一員になりたいと思いました。
レッドブル・アスリートとしての目標は、結果を残し続ける事と若手の育成です。大会以外の交流会を開いて若手同士が交流したり、表に出ていける機会を提供出来たらと思います。自分自身、世界でプロとして戦う為に何が必要か色々考えました。その準備期間が大事でしたので、若手にも自分や他のプロゲーマーの姿を通じて何かを得て欲しいと思いますし、更にその下の世代を引っ張る意識を与えられたらと思います。
直近の目標は、12月にアメリカ・サンフランシスコで開催されるプロツアーの世界大会『カプコンカップファイナルズ』 です。この大会は昨年まで優勝賞金が3万ドルだったのが、今年は12万ドルに跳ね上がりました。獲得賞金額で評価されるプロとしては、ここで勝って一目置かれる存在になれたらと思います。