Here's what you need to know in order to dominate in Black Ops Cold War
© Activision
ゲーム

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』:初心者用マルチプレイヤー攻略ヒント&アドバイス

1980年代の戦場で活躍したい? 『CoD』シリーズ最新作のマルチプレイヤーモードのヒントとアドバイスをまとめてみた。
Written by Jack Grimshaw
読み終わるまで:7分公開日:
冷戦時代に飛び込んで銃撃戦を楽しめるのが『コール オブ デューティ』シリーズ最新作『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』(以下『CoD:BOCW』)の特長だが、ゲームプレイに多少変更が加えられた結果、マルチプレイヤーモードへのアプローチも変わっており、慣れるまでは少し時間がかかる。
もちろん、プレイを続けていけば学習できるのだが、今回はその助けとしてマルチプレイヤーモード用初心者ガイドを用意した。『CoD:BOCW』のマルチプレイヤーモードで活躍し、KDAレートを高めるのに役立つヒント&アドバイスを早速チェックしていこう。

マップを学ぶ

レーン、射線、遮蔽物などを覚えよう
レーン、射線、遮蔽物などを覚えよう
『コール オブ デューティ』シリーズのマルチプレイヤーモードで活躍するための最重要条件のひとつが “マップを隅々まで理解すること” だが、『CoD:BOCW』でもそれは変わらない。どのマップも完全に把握しよう。各マップのルート、芋スポット、コーナー、強スポット、弱スポットを押さえたい。
自分がどのスポットを使いたいのか、対戦するプレイヤーたちがどのスポットを使いたいのかが理解できるようになれば、マッチを重ねるごとにスコアを伸ばせるようになる。プレイヤーが通りそうなルートで待ち伏せしたり、プレイヤーが隠れているコーナーに飛び込んでキルを奪ったりできるようになるのだ。
もちろん、強スポットや芋スポットは研究されるので、徐々にアドバンテージがなくなっていくのだが、それでも先に入ることができればそれだけ無駄に動くことなく活躍できるようになる。強スポットに陣取り、トリガーに指をかけておけば、イージーキルを連発できる。ベストプレーに選ばれる確率も高まるかもしれない。

武器をアップグレードする

武器を理解することが成功への近道
武器を理解することが成功への近道
『CoD:BOCW』で武器を使っていくと、徐々にレベルアップしてクールなスキンや新しいアタッチメントが手に入る。スキンは他のプレイヤーへの自慢になり、武器のルックスも格好良くしてくれるが、何よりも重要なのはアタッチメントだ。どのアタッチメントも武器をある程度強化してくれるのだが、自分のプレイスタイルに合わせて強化していく必要がある。
初心者ならまずダッシュからエイムへの切り替えをスピーディに行うことの重要性を学ぶはずだが、一部のアタッチメントがこの助けになる。しかし、そのようなアタッチメントの大半はアンロックしなければならないので、自分が強化していきたい方向性を決めて、アップグレードの無駄を省いていくことが重要になる。
自分のプレイスタイルに合っていない武器をどんどんレベルアップさせても意味がない。その代わりに、自分に合っている武器にフォーカスして強化していこう。ある武器に装着しているアタッチメントが気に入っているなら、他の武器でもそのアタッチメントを気に入るはずだ。

常に背後を確認する

背後をチェックして奇襲されないようにしよう
背後をチェックして奇襲されないようにしよう
人生には避けられないことが3つある。死、税金、そして『コール オブ デューティ』シリーズのマルチプレイヤーモードで背後から狙ってくるプレイヤーだ。センサーマインや偵察機、フィールドマイクなどを使って近くに敵プレイヤーがいないか常にチェックするようにしよう。
窓のようなスポットに陣取る場合は、背後の確認が特に重要だ。目標や敵に向かって進んでいく場合は、一瞬立ち止まって後ろを振り返るようにしよう。『コール オブ デューティ』シリーズでは自分を背後から狙ってくるプレイヤーが必ずいる。
また、『コール オブ デューティ』シリーズでは、サイドからいきなり飛び出してくるプレイヤーの多さにも驚くことになる。そのようなプレイヤーを警戒するためにミニマップを常に見ておきたいが、サプレッサーやPERK “ゴースト” を持っているプレイヤーはミニマップに表示されないので注意が必要だ。いずれにせよ、単独行動をすれば狙われやすいので注意したい。しかし、逆もまた真なり。単独行動をしているプレイヤーは積極的に狙っていこう。

周囲の音に注意する

耳をそばだてて周囲の音を聞くようにすれば様々な情報を入手できるので、他のプレイヤーに攻撃を仕掛けたり、仲間にピンチを伝えたりすることができるようになる。
たとえば、プレイヤーが走れば足音が大きくなるので、移動していることが分かる。また、サプレッサーを装備している武器もミニマップには表示されないが、発砲すれば音がする。フィールドマイクRC-XD(ラジコン)が耳を使った索敵には効果的だ。ある程度のクオリティのヘッドセットを使用してプレイすれば、音がさらに良く聞こえるだろう。
このようアイテムを使用すれば先回りできるようになるので、スポットされにくくなる。先にどこかへ隠れたり、RC-XDから逃げたりできるようになれば、その分だけ自分とチームを死から遠ざけることができる。注意深く耳を傾ければ、向かってきている敵の数も分かるようになるので、然るべき策を講じられる。背後のプレイヤーにも奇襲を仕掛けられるだろう。
聞こえる足音が大きい場合は、その足音がチームメイトのものなのか敵のものなのかを確認しよう。敵なら奇襲されないようにしつつ、防御しにくいダッシュ中に攻撃を仕掛けしよう。音に注意するようになれば、キル数をあっという間に伸ばせるようになる。シンプルなテクニックだが、簡単かつスピーディに優秀なプレイヤーへレベルアップできる。

目標を確保する

目標地点を目指せばキル数も増やせる
目標地点を目指せばキル数も増やせる
勝利数やキル数を増やしたいなら、目標地点の確保が重要になってくる。
通常、目標地点にはプレイヤーが密集するので、勝利を意識してプレイするだけでキル数も増えていく。目標地点の周辺にいるだけでも、目標地点を目指す敵プレイヤーを狙っていけばキル数を増やせる。チームメイトたちが敵プレイヤーたちをある程度削ってくれるというボーナスもある。しかし、目標地点の確保は個人の努力が前提だ。自分がさぼってしまえば敵に奪われてしまう。
「Kill Confirmed / キルコンファームド」のようなモードには特定の目標地点は存在しないが、ドッグタグが落ちやすい場所を見極めるように努力してみよう。そこがそのマッチの “ホットスポット” になる可能性が高いので、そこを中心に動くか、遠距離からそこを狙えば、キル数を増やすことができる。
また、目標確保はスコアストリークにも繋がることを忘れてはいけない。スコアストリークが伸びれば砲撃やナパーム攻撃が行えるようになるので、キル数をさらに増やすことができる。

アイテムを使用する

正しいアイテムやPERKを装備しよう
正しいアイテムやPERKを装備しよう
タクティカルリーサルなどのアイテムを使用すれば、ダメージを与えるだけではなくキル数も伸ばせる。
『CoD』シリーズでは、プッシュする前にコーナーをクリアリングしたり、リロードの時間を稼いだりする必要があるが、このような時にフラグなどを放り込めば、敵を後退させたり、遮蔽物の向こう側へ追いやったりできる。敵が下がれば、強ポジションを取ったり、プッシュしたり、奇襲を仕掛けたりしやすくなる。
もちろん、このようなアイテムは敵プレイヤーにとどめを刺したり、ラッキーキルを稼いだりしたい時も有用だ。
ここまでのヒントとアドバイスを参考にすれば、マルチプレイヤーモードで活躍し、スコアストリークを順調に伸ばせるようになるだろう。複数のロードアウトを試して自分のプレイスタイルに合ったロードアウトを見つければ、マッチで活躍できる確率がさらに高まる。ここまで準備できれば、簡単に勝利を収められるようになるはずだ。
Twitterアカウント@RedBullGamingJPFacebookページをフォローして、ビデオゲームやeスポーツの最新情報をゲットしよう!