会社について

人々とアイディアに翼を

1987年、それはすべての始まり

極東の機能性ドリンクにインスピレーションを受けて、ディートリヒ・マテシッツがレッドブルを1980年代半ばに創設しました。彼はレッドブルを考案しただけではなく、レッドブル独自のマーケティングコンセプトを開発しました。1987年4月1日にレッドブル・エナジードリンクが生まれ、故郷のオーストリア市場で発売されました。これは単に新しい製品が誕生したということだけなく、エナジードリンクという全く新しいカテゴリーが創造されたということでもあるのです。

会社概要

設立

1984年

ディートリヒ・マテシッツは、1984年から1987年のおよそ3年をかけてレッドブルの製法、ブランドのポジショニング、パッケージング、そしてマーケティングコンセプトを手がけました。

販売開始

1987年4月1日

1987年4月1日にレッドブル・エナジードリンクが発売されました。これにより、エナジードリンクという新しいカテゴリーが生まれました。

従業員数

13,610 人

レッドブルでは、世界172カ国・13,610名の従業員が働いています(2021年末時点)。(2020年末:171カ国、12,618人)。

2021年の売り上げ本数

9804億本

2021年に世界で販売されたレッドブルの缶は98億400万本で、すでに大成功を収めた2020年に対して24.3%の増加となっているグループ売上高は前年の63億0700ユーロから23.9%増となる78億1600万ユーロでした。

売上、収益、生産性、営業利益も引き続き成長しており、当社始まって以来最高の業績を達成しました。

この好業績の主な要因は、世界各地のレッドブル市場で極めて好調な売上を達成したことに加え、極めて効率的なコスト管理、継続的なブランド投資です。

レッドブル社は、さらなる拡大に向けて、西ヨーロッパと米国の中核市場および新興国の成長市場に焦点を当てるとともに、250mlのオリジナルパッケージの普及とORGANICS By Red Bullシリーズの展開を継続していく予定である。

2022年の成長と投資の計画は再び非常に野心的であり、上向きの傾向を想定しています、そして常に赤血球のように - 手術のキャッシュフローから資金調達されます。

翼をさずける

レッドブルの世界を見てみよう