ゲーム

『FIFA 20』:キャリアモード有望株ゴールキーパー ベスト11

© EA Sports
Written by Fraser Gilbert
キャリアモードで大きく成長して活躍してくれる若手ゴールキーパーを集めてみた。
FIFA 20』でゴールキーパーよりも重要なポジションはあるだろうか?
《キャリアモード》で長期の成功を収めたいのなら、トップレベルのゴールキーパーが必要になる。高いポテンシャルを秘めていて補強する必要がないゴールキーパーが。
というわけで、今回は《キャリアモード》で大活躍してくれる将来有望な若手ゴールキーパーをリストアップした。コスト別(星が少ない方が安い)に分けてあるので、チェルシーにもトッテナムにも相応しいゴールキーパーが見つかるはずだ。

【有望株ゴールキーパー:コスト☆】

ギャビン・バズヌ / Gavin Bazunu

将来を嘱望されているギャビン・バズヌ
将来を嘱望されているギャビン・バズヌ
マンチェスター・シティに所属するギャビン・バズヌの名前を知らなかった人は少なくないはずだが、彼は将来を嘱望されているゴールキーパーのひとりだ。
シェムロック・ローヴァーズから移籍したこの17歳は『FIFA 20』では総合59からスタートするが、『キャリアモード』で正しいトレーニングを積ませれば総合84まで伸びる。
1シーズン目はマンチェスター・シティが放出を嫌がり、本人もトップレベルのプレーに対応できるレベルにないが、低価格で購入できるハイポテンシャルな選手のため、獲得を狙う価値は十分にある。

マールテン・ファンデフート / Maarten Vandevoordt

『FIFA 20』で高いポテンシャルを秘めているもうひとりの17歳ゴールキーパーがKRCヘンクに所属するマールテン・ファンデフートだ。
ベルギー出身のこの若手ゴールキーパーは総合63からスタートするが、総合83まで伸びる可能性がある。また、リフレックス68・ダイビング67を揃えており、ハンドリングも優秀だ。移籍市場で安価で手に入れることができるので、見かけたら獲得を検討しよう。

【有望株ゴールキーパー:コスト☆☆】

アレッサンドロ・プリッツアーリ / Alessandro Plizzari

優秀なイタリア人GKとしては安価なアレッサンドロ・プリッツアーリ
優秀なイタリア人GKとしては安価なアレッサンドロ・プリッツアーリ
バズヌと同じで、イタリア人ゴールキーパーのプリッツアーリ総合84まで伸びるポテンシャルを秘めている。総合66からのスタートだが、リフレックス72・ダイビング68・ハンドリング68を揃えている。
ACミランに所属する現在19歳のプリッツアーリは費用対効果が安くバーゲンと言えるが、2020年6月末までセリエB・リヴォルノにローン移籍していることを覚えておこう。

ジオゴ・コスタ / Diogo Costa

FCポルトのゴールキーパー、ジオゴ・コスタはここまで紹介してきたゴールキーパーよりも評価が僅かに高く、総合70からスタートする。《キャリアモード》では総合83まで伸びる可能性を秘めているため、このポルトガルの神童は長期に渡って活躍してくれるだろう。
このような才能を秘めているジオゴ・コスタはFCポルトも評価しているため、獲得するまでに少しばかり価格が上昇することを覚悟しておくべきだろう。

アリヤネット・ムリッチ / Arijanet Muric

『FIFA 20』のアリヤネット・ムリッチはお買い得
『FIFA 20』のアリヤネット・ムリッチはお買い得
コソボ代表ゴールキーパーのアリヤネット・ムリッチはマンチェスター・シティからのローン移籍先、ノッティンガム・フォレストでプレーしている。
しかし、『FIFA 20』ではローン移籍の選手として扱われていないため、総合68総合83まで伸びるポテンシャルを秘めているこの若手ゴールキーパーは比較的安価で獲得できる。《キャリアモード》では評価額よりさらに安く手に入るはずだ。

【有望株ゴールキーパー:コスト☆☆☆】

アンドリー・ルニン / Andriy Lunin

総合88まで伸びるポテンシャルを秘めているアンドリー・ルニン
総合88まで伸びるポテンシャルを秘めているアンドリー・ルニン
レアル・マドリードに所属するアンドリー・ルニンはローン移籍先のレアル・バリャドリードで2019-20シーズンを過ごすため、2020年6月30日まで獲得できない。
しかし、現在20歳の天才ゴールキーパーは《キャリアモード》で総合76から総合88まで伸びるポテンシャルを秘めている。安価ではないが、その代わりにリフレックス79・ポジショニング77・キック76を揃えた未来のスター候補を手に入れることができる。

ヨヌーツ・アンドレイ・ラドゥ / Ionut Andrei Radu

現在22歳のルーマニア代表は総合75から総合87まで伸びるポテンシャルを秘めているため、世界最高のゴールキーパーのひとりになる可能性が高い。
しかし、《キャリアモード》では現在インテルからジェノアへローン移籍中なので、こちらもシーズン終了するまで獲得できない。しかし、素晴らしい才能の持ち主なので獲得候補リストに入れてチェックを続けるべきだろう。

ウイルケル・ファリニェス / Wuilker Faríñez

総合87まで伸びるポテンシャル以外のウイルケル・ファリニェスのセールスポイントは "2020年1月から交渉できる" だ。冬の移籍市場で必ず獲得候補にリストアップするようにしよう。
ミジョナリオスFCに所属するベネズエラ代表ゴールキーパーの給与は安くはないが、将来性が高いため高給を支払う価値は十分にある。

【有望株ゴールキーパー:コスト☆☆☆☆】

アレックス・メレト / Alex Meret

ナポリに所属するアレックス・メレトは安くなく、移籍交渉も難航するはずだが、その代わりにリフレックス82・ダイビング79・ポジショニング77を誇る総合78(そして総合89まで伸びるポテンシャルを秘めた)ゴールキーパーを獲得できる。
ただし、2018年6月にセリエAのナポリに移籍したこのイタリア人ゴールキーパーは『FIFA 20』では2023年までナポリと契約しているという設定になっていることと給与が安くないことは覚えておくべきだろう。

アルバン・ラフォン / Alban Lafont

アルバン・ラフォンは《キャリアモード》で長年注目されている
アルバン・ラフォンは《キャリアモード》で長年注目されている
現在20歳のアルバン・ラフォンは数年前から『FIFA』シリーズの神童リストに登場しているが、これには正しい理由がある。
フィオレンティーナに所属するこのゴールキーパー(現在はFCナントにローン移籍中)は総合79から総合88まで伸びるポテンシャルを秘めているのだ。ローン移籍中のため2020年6月末まで交渉不可能だが、ポテンシャルの大きさを考えれば待つ価値は十分にある。

【有望株ゴールキーパー:コスト☆☆☆☆☆】

ジャンルイジ・ドンナルンマ / Gianluigi Donnarumma

最強の若手ゴールキーパー、ジャンルイジ・ドンナルンマ
最強の若手ゴールキーパー、ジャンルイジ・ドンナルンマ
ACミランに所属するドンナルンマが『FIFA 20』最強の若手ゴールキーパーに選べるのは当然だろう。まだ20歳のイタリア代表ゴールキーパーはほぼ無敵と言える。
ダイビングとリフレックスが90総合85からスタートするドンナルンマは総合92まで伸びるポテンシャルを秘めており、当然ながら高額予算を用意する必要があるが、獲得できれば『FIFA 20』最強ゴールキーパーを手に入れたのも同然だ。
Twitterアカウント@RedBullGamingJPFacebookページをフォローして、ビデオゲームやesportsの最新情報をゲットしよう!