ゲーム

『FIFA 21』:追加された新アイコン 全リスト

© EA
EAの人気サッカーゲームシリーズ最新作のFUTにワールドクラスのサッカー選手11人が追加された。ヨーロッパから日本まで、世界各国のリーグで活躍してきた新たなレジェンドたちを見ていこう。
Written by Dom Peppiatt公開日:
『FIFA 16』で初登場して以来、《アイコン》は『FIFA』シリーズファンを魅了し続けている。
毎年、EAのスタッフが大会議室に集まり、サッカーシーンを代表する選手たちのスタッツを決めている。彼らはシーズン毎に誰が評価されるべき選手なのかを見極めようとしており、『FIFA』シリーズのファンは毎年どの選手がFUTの顔になるのかを知ろうと躍起になっているが、そこにはある種のプライドが含まれている。
自分の国、またはクラブの出身選手が《アイコン》に選ばれれば、当然自慢の種になるからだ。言ってしまえば、我々が様々なプロスポーツを楽しんでいる理由はここにある。
『FIFA 21』では新たに11人の《アイコン》が収録され、《アイコン》総数は区切りの “100” となった。新たなレジェンドたちを見ていこう。

サミュエル・エトオ / Samuel Eto’o

ST:元カメルーン代表
優秀なゴールゲッターだったエトオ
優秀なゴールゲッターだったエトオ
元カメルーン代表FWエトオは『FIFA 18』以降、《アイコン》から外れていたが、素晴らしいスタッツと共に『FIFA 21』で復活した。今回のエトオはバルセロナ時代(144試合108ゴール)とインテル・ミラノ時代(67試合33ゴール)が反映されている。

バスティアン・シュヴァインシュタイガー / Bastian Schweinsteiger

CM:元ドイツ代表
中盤を支えるシュヴァインシュタイガー
中盤を支えるシュヴァインシュタイガー
シュヴァインシュタイガーは『FIFA 20』と『FIFA 21』に登場している数少ない《アイコン》のひとりだ。おそらくEAのスタッフが彼のファンなのだろう。『FIFA 21』のシュヴァインシュタイガーは『FIFA 20』のCBではなく、CMで登録されているが、彼の価値が下がっているわけではない。

エリック・カントナ / Eric Cantona

CF:元フランス代表
カントナはあらゆる意味でアイコンが相応しい
カントナはあらゆる意味でアイコンが相応しい
マンチェスター・ユナイテッドで伝説を築いたカントナはプレミアリーグ黎明期を象徴する存在なので、当然、FUTの《アイコン》としても高く評価されるだろう。『FIFA 21』のカントナは総合93を誇っており、今作最強選手のひとりに含まれている。
今回の収録を受けて本人は「『FIFA 21』の《アイコン》のひとりに選ばれて嬉しい。素晴らしい選手たちがこの特別な “クラブ” に所属しているので、彼らの仲間になれるのは光栄だ」とコメントしている。

ダヴォール・シューケル / Davor Suker

ST:元クロアチア代表
ダヴォール・シューケルを入手するということは、元クロアチア代表FWを入手すると同時に、現クロアチアサッカー協会会長を入手することを意味する。ハイクオリティな選手を輩出してきた同国を名実共に代表するシューケルは当然ながら素晴らしいスタッツを揃えている。

ネマニャ・ヴィディッチ / Nemanja Vidic

CB:元セルビア代表
ファーガソン時代後期を支えた鉄壁DF
ファーガソン時代後期を支えた鉄壁DF
アレックス・ファーガソン監督時代後期のマンチェスター・ユナイテッドの鉄壁の守備を支えたことで知られるネマニャ・ヴィディッチは、近年のプレミアリーグを代表するCBのひとりだ。『FIFA 21』でも総合90を誇っており、守備陣の強化を必要としているプレイヤーには不可欠な存在だ。

フェレンツ・プスカシュ / Ferenc Puskas

ST:元ハンガリー代表
サッカー史に名前を残すハンガリーの英雄
サッカー史に名前を残すハンガリーの英雄
本人の名前が冠されている賞が存在するFUTカードを入手するということは、素晴らしいスタッツを入手することを意味する。FIFAプスカシュ賞は、シーズンで最も素晴らしいゴールを決めた選手に送られる賞で、ダイナミックなプレーで世界を沸かせた元ハンガリー代表FWのすべてを説明している。総合94という評価は当然なのだ。

フェルナンド・トーレス / Fernando Torres

ST:元スペイン代表
日本で現役を終えたエル・ニーニョ
日本で現役を終えたエル・ニーニョ
通算767試合出場262ゴールという記録と共に2019年に日本で現役を終えたフェルナンド・トーレスは、クラブだけではなく代表でも素晴らしい活躍を見せた。『FIFA 21』のトーレスはアトレティコ・マドリードとリヴァプール時代の活躍が反映されており、総合91を獲得している。

シャビ / Xavi

CM:元スペイン代表
シャビはモダンサッカーを代表する存在
シャビはモダンサッカーを代表する存在
近年のバルセロナの栄光を長年支えた選手として世界中のサッカーファンから高く評価されているシャビは “モダンサッカー” の代名詞だ。キャリアを通じて結果を残し続けたシャビは、当然ながら総合93を獲得している。優勝を狙うなら絶対に獲得したい選手だ。

フィリップ・ラーム / Philipp Lahm

RB:元ドイツ代表
ドイツらしい熱く堅実なプレーで魅了したラーム
ドイツらしい熱く堅実なプレーで魅了したラーム
プロフェッショナルで無駄のないプレーが特徴だった元ドイツ代表DFラームはキャリアを通じて20を超えるタイトルを獲得している。これは実に素晴らしい功績だ。CDMと左右SBをこなせるラームは近代サッカーを代表する万能型選手のひとりなので、総合91は当然の評価と言えるだろう。

ペトル・チェフ / Petr Cech

GK:元チェコ代表
ライバルたちを寄せ付けない輝きを放っていたチェフ
ライバルたちを寄せ付けない輝きを放っていたチェフ
キャリアピーク時のペトル・チェフは世界最強GKのひとりに数えられていた。チェルシー不動のレギュラーだったチェフは、『FIFA 21』では後期キャリアのトレードマークとなったヘッドギア姿で登場している。ワールドクラスのGKで守備を固めたいなら、迷わずチェフを選ぶべきだ。

アシュリー・コール / Ashley Cole

LB:元イングランド代表
ロンドンを代表する2クラブで活躍したコール
ロンドンを代表する2クラブで活躍したコール
『FIFA 19』以来の《アイコン》復帰を果たした元アーセナル / チェルシーのレジェンド、コール総合89を獲得している(前回の総合71から大幅なジャンプアップ!)。このレーティングはプレミアリーグのあらゆる試合で左サイドを切り裂いていたロンドン時代の活躍が反映されている。
Twitterアカウント@RedBullGamingJPFacebookページをフォローして、ビデオゲームやesスポーツの最新情報をゲットしよう!