Spieler von RB Leipzig jubeln in FIFA 23.
© EA Sports
ゲーム

『FIFA 23』攻略:RBライプツィヒ おすすめフォーメーション&選手

チャンピオンズリーグベスト16進出を決めたブンデスリーガのトップクラブを『FIFA』シリーズ最新作でプレイするためのヒントをチェック!
Written by Marcel Schwarz
読み終わるまで:4分公開日:
RBライプツィヒのサクセスストーリーは2022-23シーズンも継続中だ。
RBライプツィヒはチャンピオンズリーグのグループステージで強豪レアル・マドリードと同組になったが、彼らをホームに迎えた試合を3-2で勝利するなど素晴らしいパフォーマンスを見せ続けてまたもベスト16進出を決め、2023年2月にマンチェスター・シティと対戦することになった。
その彼らをビデオゲームの世界でも成功へ導きたい人のために、『FIFA 23』でのRBライプツィヒのおすすめのフォーメーションと選手を紹介しよう。
01

フォーメーション

『FIFA 23』では、『FIFA』シリーズで長年愛されており、またこれまで以上に強いと見なされているフォーメーションをレコメンドしたい。それは4-1-2-1-2 ナローだ。
中盤をコンパクトにまとめてパスで崩していくこのフォーメーションは優秀なミッドフィールダーが揃っているRBライプツィヒにはパーフェクトマッチなので、ポテンシャルを最大限まで引き出せるだろう。
02

メンバー

ディフェンス

RBライプツィヒのGKは長年同じで、ペーテル・グラーチが守り続けている。ハンガリー代表GKのグラーチは『FIFA 23』でもチーム2番目の高レートとなるOR85を獲得している。
『FIFA 23』:RBライプツィヒ守備陣

『FIFA 23』:RBライプツィヒ守備陣

© EA Sports

グラーチの前には若きクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオルとドイツ出身DFルーカス・クロスターマンがセンターバックコンビを組む。スピード82と86を誇る2人はセンターバックとしてはかなり俊足だが、どちらも守備とフィジカルを犠牲にしていない。
左サイドバックは、ORこそ81と奮わないが非常に優秀なドイツ代表DFダヴィド・ラウムが務める。ラウムはスピードだけではなく攻撃参加も高く評価されている。右サイドバックは、同じくドイツ出身のベンヤミン・ヘンリヒスが務める。

ミッドフィールド

RBライプツィヒには才能溢れるミッドフィールダーが揃っているので選ぶのが難しい。しかし、考えることなく最初に選ぶべきはフランス代表MFクリストファー・エンクンクだろう。
『FIFA 23』:RBライプツィヒ中盤

『FIFA 23』:RBライプツィヒ中盤

© EA Sports

怪我でワールドカップこそ欠場したが、ここ数年でブンデスリーガを代表する選手のひとりにまで成長しており、パスとシュートで典型的な “10番” の仕事をしてくれる。また、5つ星のスキルムーブが対戦相手を困らせるはずだ。
エンクンクを支えるのがコンラート・ライマーケヴィン・カンプルで、どちらも豊富な運動量が持ち味だ。ライマーはセントラルミッドフィールダーとしては珍しいペース84が最大のセールスポイントで、カンプルはパス81ドリブル83を備えている。
中盤の底を担うのがザヴェル・シュラーガーで、フィジカル81が守備73を補完している。また、運動量が豊富なため、常に守備のカバー役として活躍してくれるだろう。

フォワード

チェルシーに所属していたティモ・ヴェルナーが今シーズンからRBライプツィヒに帰ってきた。プレミアリーグを経たあともヴェルナーはペース90を維持しており、相手守備陣にとって脅威であり続けている。『FIFA 23』ではハイボールをディフェンスラインの裏へ放り込む戦術がかなり効果的なため、この高速の元ドイツ代表FWの価値は非常に高い。
『FIFA 23』:RBライプツィヒ攻撃陣

『FIFA 23』:RBライプツィヒ攻撃陣

© EA Sports

ヴェルナーとコンビを組むアンドレ・シウヴァは完全に異なるタイプの選手で、前線2人は上手くお互いを補完している。身長185cmのシウバはクラシックなセンターフォワードタイプで強靭なフィジカル(78)冷静なフィニッシュ(83)が特長だ。前線でボールを収めて、味方のビルドアップに貢献してくれる。

まとめ

ミッドフィールダーの項で触れた通り、RBライプツィヒにはタレントが揃っている。『FIFA 23』では現実世界のサッカーと同じように5人まで選手を交代できる
フィジカル82を誇るユスフ・ポウルセンとスキルの高いソボスライ・ドミニクは特に活躍してくれるだろう。しかし、ダニ・オルモエミル・フォルスベリもレギュラーに相応しいタレントだ。というわけで、RBライプツィヒを選択している限り、オプション不足に陥ることはないだろう。