Red Bull Box Cart Race

Red Bull Box Cart Race Tokyo 2017. に来るべき5つの理由

© Vincent Curutchet / Red Bull Content Pool

ついに開催までのカウントダウンが始まったRed Bull Box Cart Race Tokyo 2017。現場でのリアルなバカ騒ぎを体感するために、ここでは開催前の“極秘”先取り情報をちょっとだけ紹介してみよう。

日本開催は2012年以来3回目となるRed Bull Box Cart Race は、これまで世界で110を超えるレースが開催される由緒正しきバカ騒ぎ。世界中の大きなお友達によって笑あり、涙あり、感動あり(?)の一大エンターテインメントを繰り広げてきている。この童心に帰り切ってバカ騒ぎするイベントは、もちろんエントラントだけが楽しむというものではない。ギャラリーとしてバカ騒ぎに感染するもよし、サイドアクトを満喫するもよしと誰もが楽しめるお祭りなのである。そんなお祭りの見どころを事前にチェック!

1.UVERworldが何かを起こす!?

UVERworld号のデザイン決定
UVERworld号のデザイン決定

大会アンバサダーに就任しているUVERworldの出演はもちろん決定済み。通常では見られない、バカ騒ぎを繰り広げてくれる可能性は大いに期待したいところ。ここでしか見ることができない貴重な瞬間を目撃できるかも!?

2. スペシャルゲストのバカ騒ぎを生チェック!

Red Bull Box Cart Race Tokyo 2017. × YouTuber
Red Bull Box Cart Race Tokyo 2017. × YouTuber

兼ねてから参戦を表明しているYouTuber界の2大スーパースター「Fischer's」と「水溜りボンド」。爆発的な数のフォロワーを抱えるこの2組によるハイテンションなパフォーマンスは、動画同様に多くのオーディエンスを沸かせること必至。画面から飛び出したリアルなドタバタ劇は、会場に来なきゃ見ることはできないぞ。もちろん、ライブで見た後にYouTubeをチェックすれば、2度楽しめること間違いなし! 詳細はこちら>>

3.豪華ジャッジ&コメンテーターが会場を盛り上げる!

豪華なジャッジたち
豪華なジャッジたち

各チームのパフォーマンスを採点するジャッジは、Red Bull BC ONEで日本初の世界チャンピオンに輝いたレッドブル・アスリートのISSEIと、同じくレッドブル・アスリートであるボルダリングの野中生萌が登場。さらに世界のポップカルチャーで注目を集める原宿系ダンサーTEMPURA KIDZ、お笑いタレントほんこんのほかシークレットな人物も就任予定。気になる誰かは会場に来なければわからないぞ。加えて中継コメンテーターはやまだひさしとざわちんのコンビが担当し、MCやレポーターなども多彩な顔ぶれが集結。

4.人生の節目『結婚』の瞬間をみんなでお祝い!!

婚姻届に印鑑を押したい!
婚姻届に印鑑を押したい!

何を思ったのか、Red Bull Box Cart Race Tokyo 2017 へのエントリー理由が「婚姻届けに印鑑を押したい。その後押しを!」という奇特なバカップル(失礼!)も参戦決定。人生の一大事を、こんなノリと勢いだけのお祭り会場で行おうなんて、清々しいほどのバカっぷりは、他のどんなエントラントのパフォーマンスも霞ませること間違いなし。見届け人になりたい人は、ぜひライスシャワーを用意してコースサイドで祝福を送ってあげようじゃないか!

5.もちろん、参加チームのパフォーマンスにも注目

レース前のチームパフォーマンス
レース前のチームパフォーマンス

赤坂サカスを中心に異世界を作り上げるRed Bull Box Cart Race Tokyo 2017 では、サカス広場を中心にサイドアクト&体験ブースも充実。しかし、何といっても見逃せないのがメインコンテンツのボックスカートレースだろう。総勢50チーム超、奇想天外な手作りカートの完成度はもちろん、各チーム練りに練ったパフォーマンスの数々は、オーディエンスの想像力の限界を突破(←ハードル上げてます!)すること間違いなし。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」の言葉通り、マジメにバカ騒ぎするなら会場に足を運ぶしかない!

Red Bull Box Cart Race Tokyo 2017は10月22日(日)に東京・赤坂サカスで開催。詳細はこちら>>