MTB

エンリケ・アヴァンチーニの最新XCバイク Cannondale Scalpelを徹底解剖!

© Bartek Woliński
2020シーズンのUCI MTB XCOノヴェー・メストで自身初&ブラジル人初のワールドカップ優勝を記録したクロスカントリーライダーの最新バイクをチェック!
Written by Andre T Piva公開日:
エンリケ・アヴァンチーニは断固たる決意を備えているカリスマライダーで、最高のパフォーマンスを得るために細心の注意を払いながら戦いの準備を進めている。
2020シーズン、新型のCannondale Scalpel Hi-Mod 2020を手にした彼はノヴェー・メスト(チェコ)で開催されたUCI MTBワールドカップ XCOレース2で悲願のメインレース初勝利ショートトラック優勝を手にしたが、このレースで際に乗っていたのがこのバイクだ。
《アヴァンチーニが優勝したノヴェー・メストのショートトラックXCCレース2をチェック!》
MTB · 1分
UCIワールドカップ 2020シーズン:ノヴェー・メスト XCCレース2 ハイライト

【バイクチェック】

新型ScalpelはCannondaleがこれまでリリースしてきたフルサスMTBフレーム最軽量クラスで、フレーム重量は1.9kgしかない。このバイクの卓越したパフォーマンスのカギとなっているのがCannondaleが新たに開発したFlexPivotサスペンションだ。
驚くほど高い耐久性と柔軟性を両立しているFlexPivotは独特のチェーンステー後部を持ち、最新のカーボンファイバー技術を投入したホルストリンク・ピボットを形成することでベアリングよりも軽量性と剛性を向上させている。しかもメンテナンスフリーだ。
Cannondale ScalpelはFlexPivotで新境地を開拓
Cannondale ScalpelはFlexPivotで新境地を開拓
FlexPivotはリアショックとパーフェクトに調和して地面からの衝撃を吸収できる。また、FlexPivotの採用によってライダーのサイズに合わせたサスペンションやフレーム全体のフィーリングの調整が可能になっており、“Proportional Response” と呼ばれる構造技術と組み合わせることで優れたグリップと加速、コントロール性能を備えた極めて軽いペダリングが実現されている。
バイク全体の調和が最重要テーマ
バイク全体の調和が最重要テーマ
Mサイズフレームのアヴァンチーニ仕様Scalpelで注目すべきその他のディテールは、大型の2.4インチタイヤに対応したリアタイヤクリアランスだ。Ai(Asymmetric Integration)テクノロジーはチェーンステーを短く保ち、トラクションとアジリティをもたらす助けとなっている。
Cannondale独自のLeftyフォークは賛否両論
Cannondale独自のLeftyフォークは賛否両論
最後になるが、Shimano XTR電動変速システムと、下りやテクニカルなセクションでバイクのコントロール域を増加させるリトラクタブル・シートポストなども特筆しておくべきコンポーネントだ。

【Cannondale Scalpel Hi-Mod 2020 エンリケ・アヴァンチーニ仕様:スペック一覧】

  • フレーム:New Carbon BallisTec Hi-Mod 100mm(Proportional Responseチューン・FlexPivotチェーンステー・PF30-83・テーパードヘッドチューブ・Speed Release 12mmスルーアクスル・Aiオフセット・スタッシュコンパチブル)
  • フォーク:Lefty Ocho Carbon 100mm(リモートロックアウト付Chamber Damper・OppOスプリングシステム・テーパードステアラー・55mmオフセット)
  • リアサスペンション:Fox Float DPS Factory EVOL 100mm(リモートロックアウト付・リバウンド調整可能)
  • ヘッドセット:インテグレーテッド 1-1/8-1.5”・シールドベアリング
  • ボトムブラケット:Cannondale Alloy PressFit30
  • チェーン:Shimano XTR
  • クランクセット:Shimano XTR・BB30a・34d
  • リアディレーラー:Shimano XTR 12速
  • シフター:Shimano XTR 12V
  • ホイール:HollowGram 25リム Superlight Hi-Impact Carbon(28h・25mm IW・チューブレスレディ)/ DT Swiss Competition Raceスポーク ストレートプル
  • ハブ:Lefty 60(フロント)/ DT Swiss 12x148(リア)
  • タイヤ:Schwalbe Racing Ray EVO 29 x 2.25” SnakeSkin・Addix Speedgrip・チューブレスレディ(フロント)/ Schwalbe Racing Ray EVO 29 x 2.25” SnakeSkin・Addix Speed・チューブレスレディ(リア)
  • ブレーキ:Shimano XTR油圧ディスクブレーキ 160mm・RT86 / Ice Techローター
  • ハンドルバー:Cannondale 1 Flat カーボン31.8mm・9°バック・760mm
  • サドル:Prologo Dimension NDR / Tiroxレール
  • シートポスト:Cannondale DownLow Dropper・インターナルルーティング・31.6・100mm
  • スタッシュキット:Fabric 8-in-1 Mini Tool / Dynaplugチューブレスリペアキット / チューブレスバルブ用ステム
(了)
◆Information
息を呑むアクション動画や感動必至のドキュメンタリー、世界大会のライブ配信など「日常を超えた映像体験」を味わいたいならこちら >> Red Bull TV
Red Bull TV をより楽しむための手引きはこちら >>バイクチャンネルが配信する動画の充実度が凄い!
レッドブルアスリートを詳しく知るならこちら >>Red Bull Bike 選手名鑑(大会観戦のお供にぜひ!!)
シーンの本質に切り込む取材記事からアスリートや撮影の裏話など、国内外のホットな情報を更新中! マウンテンバイク関連のまとめページはこちら >> Red Bull MTB