移動しながら近接攻撃を仕掛けよう
© apex-legends-melee-attack
ゲーム

『Apex Legends』:上手くなるテクニック集

トッププレイヤー御用達のテクニックを身に付けてチャンピオン獲得率をアップしよう!
Written by James Busby
最終更新日:
初心者からベテランプレイヤーまで上達できる(!?) 『Apex Legends』の攻略&お役立ち情報がまとめてみられる”エーペックス特集ページ”はこちら!
『Apex Legends / エーペックスレジェンズ』でチャンピオンになるのは非常に難しく、フラストレーションが溜まる。ベテランプレイヤーたちを相手にしている時は特にそうだ。
現在、“キングスキャニオン” ではコンペティティブなアクションが次から次へと繰り出されており、他のマルチプレイヤータイトルと同じく、勝利を収めるためには、非常にハイレベルなスキルコミュニケーション能力、そして不屈の努力が必要になる。
しかし、練習を重ねずにプロプレイヤーになれる人がいないのと同じで、栄えあるチャンピオンになっているプレイヤーは、練習によって手にした上級テクニックストラテジーを活用している。
チャンピオンを目指す初心者を対象にした『ビギナーズガイド』はすでに紹介したが、今回は、チャンピオンになれる確率と回数を増やすための上級者用ガイドを用意した。
戦いを制して、栄光を手にするためには何が必要なのだろうか? 『Apex Legends』の上級テクニック集をチェックしよう!

1:近接攻撃を組み合わせる

移動しながら近接攻撃を仕掛けよう
移動しながら近接攻撃を仕掛けよう
降下地点 ベスト5』に紹介されているようなロケーションで武器を見つけるのは簡単ではなく、あっという間に勝ち目がない状況に追い込まれてしまうことがある。そこに降下した部隊の数が多い時はその確率が特に高くなる。
しかし、いくつかの近接攻撃を組み合わせれば窮地を脱することができる。
『Apex Legends』の銃撃戦は非常にスピーディで、たった数秒で決着がついてしまう。つまり、このゲームでは「静止=死」を意味する時が多いので、常に動いていることを強く意識する必要がある。
武器を持っている相手に近接攻撃を仕掛ける時も、立ち止まっていれば、その分だけ他のプレイヤーの銃弾や投げ物の餌食になってしまう。そこで少し工夫をする必要がある。
近接攻撃を仕掛ける時は、立ち止まる代わりに、スライディングジャンプを組み合わせて仕掛けるようにしよう。
近接攻撃は、ジャンプと組み合わせればジャンプキックになり、スライディングと組み合わせれば、スライディングアッパーカットになる。
このような近接攻撃は通常の殴りより与えるダメージが大きくなるわけではないが、こちらの動きが読みにくくなるため、攻撃を仕掛ける相手を混乱させることができる上に、他のプレイヤーが狙いを付けにくくなる。
当たり判定が小さいレジェンド(レイスブラッドハウンドライフライン)を使っている場合は、このメリットがさらに大きくなる。
このような電光石火の近接攻撃は、建物からスライディングしたり、飛び降りたりしたあと、その勢いを借りて仕掛けることができるのも特徴で、弾薬数が少ない時や、時間がない時にも非常に便利だ。
ライバルプレイヤーが近くにいない時に練習して、時間を稼ぎながらマスターしてしまおう。

2:降下スピードを高める

RedditユーザーTheBigSm0keが作成した「正しい降下(右)」
RedditユーザーTheBigSm0keが作成した「正しい降下(右)」
装備を整えられる人気ロケーションに降下したにも関わらず、他の部隊がとっくのとうにハイティアの武器とアイテムを奪っていて、ライトアモやモザンビークしか見つけられなかった時のやるせなさは、誰もが知っている。
武器とアイテムがほんのわずかしか残っていない状況は、マッチ前半での部隊全滅を意味する。
正しいエリアにいち早く降下した部隊がハイティアで装備を固め、彼らに遅れを取った部隊はローティアで装備を固めることになるのがこのゲームの掟だ。
しかし、幸運なことに、狙ったロケーションに降下する際に少し注意するだけで、マッチ前半の悲劇を回避できるようになる。
実際、多くのプレイヤーが自分たちの狙うロケーションにピンを立ててから、斜めに降下してそこへ向かうアプローチを取っており、このような降下こそ勝ち確と思っている人もいるだろう。
しかし、実はこの降下方法はスピードをかなり失っており、移動距離も長くしている。
このような斜めの降下ではなく、垂直に降下して十分なスピード(145)を得たあと、少し斜めに滑空(135)するというパターンを繰り返して、狙っているロケーションを目指してみよう(上図参照)
有り難いことに、ゲーム内にはスピードと高度を簡単にチェックできるUIが用意されているので、UIを視界に入れながら上手く降下していこう。垂直降下は生存率を高めてくれるだけではなく、最高にレアな装備を獲得できる確率も高めてくれる。

3:デスボックスの中身をピンで教える

アモ、アタッチメント、消耗品をピンで教えよう
アモ、アタッチメント、消耗品をピンで教えよう
『Apex Legends』のピンは非常に直感的に使用できるようになっており、これを活用して、ライバル部隊やプレイヤーの位置、アイテムの位置、向かうべきポイントなどを示している部隊は優位に立てる。
しかし、多くのプレイヤーが、デスボックスの中身を教えるのを忘れている。
この記事の執筆時点(2019年3月18日)では、マイク以外で自分の装備を味方プレイヤーに教えるのは不可能なため、手に入るアモやアタッチメント、消耗品などをピンで教えることが非常に重要になっている。
倒した・倒されているライバルプレイヤーのデスボックスを漁って、必要な装備を手に入れたあとは、味方プレイヤーが興味を持ちそうなアイテムにピンを立てるようにしよう。ピンで教えたアイテムを持っているかどうかが、勝負を分ける時がある。

4:ドアをブリーチングする

ドアはグレネードで破壊できるが、銃撃戦に備えよう
ドアはグレネードで破壊できるが、銃撃戦に備えよう
キングスキャニオンの特定の住居や軍事施設の中に「立てこもる / 芋る」部隊は少なくなく、その中に飛び込んで、アイテムを拾ったり、敵を倒したりするのは簡単ではない。
また、デスボックスや倒れている敵、コースティックの《Nox ガストラップ》などでドアが塞がれている時もある。
しかし、幸運なことに、開発を手がけているRespawnはそのような状況が苛立ちを募らせることを理解しており、そのような状況を “ブリーチ” できる方法をいくつか用意している。
まず、キングスキャニオン内のドアは近接攻撃で数回殴れば壊れるようになっている。また、グレネードでドアとその裏に立っているプレイヤーを吹き飛ばすこともできる。
ただし、どちらの “ブリーチング” もかなり派手な音を立てるので、銃撃戦を覚悟している時か、トラップから脱出したい時だけに限定した方がベターだろう。

5:ダウンしたら敵の位置をピンで教える

ダウンしたあとは敵の位置をピンで教えよう
ダウンしたあとは敵の位置をピンで教えよう
『Apex Legends』では、ダウンは日常茶飯事だ。ダウンしたあと、すぐに安全な位置へ隠れたくなる気持ちは分からなくもないが、味方のアシストを心がけよう。
ダウンしてしまえば攻撃はできなくなるが、敵部隊の位置をピンで教えることはできる。敵プレイヤーの位置が分かれば、攻撃ルートを読めるようになり、裏を取られる確率を下げることもできる。
また、ピンで敵の位置を教えれば、その分だけ回復してもらえる確率や、バナーを回収してもらえる確率も高くなる。
ダウンしたら、狙われにくい位置まで移動して、そこから味方に敵の位置を教えるようにしよう。ノックダウンシールドを展開して攻撃を防ぎながら、味方の方へ近づいていこう。
冷静に戦況を見ながら、味方に必要な情報を教えて、彼らが優位に立てるようにアシストしよう。
◆Information
▶︎全世代必見! おうち時間を充実させるおすすめゲーム記事のまとめはこちら>>家でじっくりと楽しめる、おすすめオンラインゲーム 6選 【家庭用ゲーム機・スマホ・PC】
▶︎すべてのゲーマーに“翼をさずける”、レッドブル・エナジードリンクのAmazon公式販売ページは こちら >>
公開日: