映像を見る49分
eスポーツ

『生き方に感情移入しながら楽しめる作品』by後藤有哉(RWCHE デザイナー)

様々なシーンで活躍する次世代リーダーたちが衝撃を受けたRed Bull TV作品をリコメンド。Vol.2では、B級映画好きとしても有名なアパレルブランドのデザイナーが登場。推薦するのは、eスポーツ界に焦点を当てたドキュメンタリー作品!
Written by Hisanori Kato
公開日:
🙋‍♂️recommender
後藤有哉(デザイナー/ショップオーナー)
後藤有哉(デザイナー/ショップオーナー)
後藤有哉(デザイナー/ショップオーナー)
🎬オススメする作品は👇

『The Art of Street Fighting』

[詳細]
世界各地で開催されるビッグトーナメントを転戦する『ストリートファイターV』のトッププレイヤーたちの素顔とは? シャオハイ、ウメハラ、GamerBee、ときど、Luffyたちの生活や意識、Red Bull Kumiteでの戦いを追う。
📺Red Bull TVのアプリをダウンロードして、世界中のアクションクリップをチェック! ダウンロードはこちら>>

“日本に5人いる神のウチの一人”DAIGOさんの戦い方にシビれた!

「大のゲーマーでもある兄の影響で僕もゲームが好きなんです。というわけで、この作品を選ばせてもらいました。
自分が子供の頃から人気のストリートファイター Vが今も根強い人気だということに驚きました。それどころか、現在は日本だけでなく世界的な知名度を獲得している事実が凄い。最近何かとeスポーツの話題を耳にしますが、その人気が想像以上のものだってことをこの作品で実感できたし気持ちが深まりました。
THE ART OF STREET FIGHTING
THE ART OF STREET FIGHTING
ひと昔前までは、ゲーマーってあまりいいイメージがなかったと思うんです。本編の中でも、世間から《悪いモノ》《ロクデナシがやってるモノ》っていう認識で見られていたと語られています。ただここ最近は、明らかに世界の視点が《悪いモノ》から《カッコいいモノ》に変わりつつある。
この作品は好きなこと(ゲームの世界)にまっすぐに取り組むことで《カッコいいモノ》に変えたプロゲーマーの方々の生き様に迫ったドキュメンタリー
興味深かったのは、プロゲーマーたちのバラエティの豊かさです。登場人物全員がイイ味を出しているので見ていて吸い込まれていくんですよね
Xiao Hai
Xiao Hai
高級ホテルのラウンジのような場所にゲームセンターを作って、国中から最強の選手を集めて軍を作ってストリートファイター Vの世界に君臨しようと企んでいる猛者がいたり、卑怯な手を使って戦ういじめっ子的な人がいて、でもそれは緻密な心理戦を利用したものだったり、人から見たらどうでもいいことなんだけど、そこに美学を感じて貫く不器用な天才がいたり。考え方は人それぞれ。だから、登場人物誰かしらの生き方に感情移入しながら楽しめると思う
個人的には、“日本に5人いる神のウチの一人”として語られていたDAIGOさんの生き方に共感しました。RYU(ストリートファイター Vのキャラクター)を使うことに異常なまでの拘りを見せる方で、動画の中盤でもその理由が熱く語られているんです。そのインタビューにグッとくるものがあって。でも最後の大事なトーナメントで彼は、、、、、、、、、、、、(詳しくは動画でチェック!)するんですよ
Daigo performs at Red Bull Kumite in Paris, France on March 28, 2015
Daigo
そのシーンが一番印象に残ってます。コレは僕の解釈ですが、揺るぎない拘りを捨てて完全に勝ちに行ったってことだと思う。僕はその判断がめっちゃカッコよく見えた。きっと子供の頃だったら共感できなかったと思うんですけど、歳を重ねた今だからこそ理解できる感覚というか。
この作品を見終わったあと、そういったDAIGOさんの気持ちの変化を今の時代と照らし合わせたりもしちゃいましたね。去年今年って現実が大きく変わったことで、自分が持ってた常識や大事にしてた価値観を一度見つめ直す大切な時期だったじゃないですか。周りでも新しく何かを始める人がすごく増えました。行動や作るものって状況によって変わっていくし、それは自然なこと。変わる=成長なんじゃないかなって。なんだかそんなことまで考えてしまった作品です」
PS.「トーナメントの序盤でDAIGOさんが魅せる技の連発、あんな容赦のないフルボッコを僕は初めて見ました(笑)」
無類のB級映画&ソフビファン。趣味が昂じてそれらの要素をアートワークに投影したアパレルブランドのRWCHE(ローチ)をスタート。現在は他にメキシコで買い付けしたコアな雑貨や自身のオリジナルブランドが並ぶセレクトショップのKIOSCO(キオスコ)を高円寺で経営。
(了)
◆Information
Red Bull TV・スケートチャンネルの魅力を徹底解明する記事も公開中!!