湊あくあ | もしもオーディションに応募していなかったら……【連載コラム Vol2】
© 2016 COVER Corp.
Gaming

湊あくあ | もしもオーディションに応募していなかったら……【連載コラム Vol2】

「ホロライブ」所属VTuber(バーチャルYouTuber)、湊あくあによる月イチ連載コラム(ブログ)の第2回! 今回は、「ホロライブ」のアイドルオーディションに応募することになったきっかけについて。
Written by 湊あくあ
読み終わるまで:4分公開日:

◆勇気を出して一歩を踏み出すことが、夢に繋がっていく

私、湊あくあは今年(2022年)の8月8日で、ついにデビュー4周年(※1)を迎えます。
長いようで短いような、そんな気持ちでいっぱいで、振り返るとさまざまな思い出が溢れて感慨深い気持ちになってしまいます。
あのとき、もしも「ホロライブ」のアイドルオーディションに応募していなかったら……そんなことを寝る前に布団のなかで考えることがあります。
アイドルになるのは小さいころからの夢で、たくさんの人の前でパフォーマンスをしたいと思っていました。
でも、頭も良くないし、歌も上手くないし、人と関わることも苦手だし……そんな風に、「私には無理かも」と諦めている自分もいました。
さらに、オーディションに応募する前は、自分の将来が不安で「このまま、ひとりぼっちで人生を終えるのかな……」なんてことも考えました。
小さいころに夢見た、将来の自分とのギャップに絶望しつつ、でも夢を諦めきれない今の自分もいて、そんな葛藤がずっとあったんです。
そんななか、「ホロライブ」のオーディションを知ったのは本当に偶然でした。
たまたま見つけても普段であれば、「へー、オーディションをやるんだ、いいなぁ。でも自分には無理!」と思ってスルーしてしまうのですが、"お家で出来る生放送"という部分が目に留まり、「これなら外に出るのが苦手な自分でも出来るかも?」と感じ、急いでその日に勇気を出して応募したんです。
「思えば、この一歩が私の人生を大きく変えました」
それまで、ただ夢を見てなんとなく過ごしていた日々が一変して、いまではキラキラしたステージに立つことができています。
(※下の写真は、2020年1月24日、豊洲PITで開催された「ホロライブ」初の全体ライブ、"hololive 1st fes. ノンストップ・ストーリー"の様子)
私がいま、ここにいるのは奇跡なんだと思います。
そして、デビューしてから4年間、こうしてアイドル活動が出来ているのも、ファンのみんなが応援してくれているから。
みんなの応援がなければ、私はここに存在することができません。
もし、あのとき「ホロライブ」のアイドルオーディションに応募していなかったら……。
どうか、この夢が長く見続けられますようにと、今日も寝る前に布団のなかで考えています。
(了)
////////////////////////////////////////////////////
次回のコラムは2022年7月上旬に公開予定です!
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【湊あくあ プロフィール】
12月1日生まれ、B型。「ホロライブ」所属のアイドルゲーマーメイド。本人はがんばっているが、おっちょこちょいでドジっ子。マリンメイド服がトレードマーク。YouTubeのチャンネル登録者数は160万人を超える。
#翼をさずあくあ
\_____________
💜💜💜💜💜 お知らせ 💜💜💜💜💜
🎁レッドブル・エナジードリンク パープルエディションが自動販売機限定で再発売! 湊あくあ&獅白ぼたん自販機キャンペーン実施中!(2022年6月30日まで)
💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜
👉湊あくあは、Red Bull Gamingを中心とした取り組みにおいて、レッドブルとともにバーチャル上で人とアイデアに翼をさずけていく、レッドブル・バーチャル・アンバサダーです。
(※タイトルバナーデザイン/広岡 毅)
.
.
■□■□■□■□■□■□■□■□
ゲーミングシーンに翼をさずける!  レッドブル・エナジードリンクのAmazon公式販売ページは こちら >>
■□■□■□■□■□■□■□■□
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▽ゲーム タグまとめページ: https://www.redbull.com/jp-ja/tags/red-bull-games
▽eスポーツ タグまとめページ: https://www.redbull.com/jp-ja/tags/esports
世界中から発信される記事を毎週更新中! 『新着』記事はこちら>>
ゲームのドキュメンタリー動画も満載のRed Bull TVの視聴方法はこちら>>
\_____________
Twitterアカウント@RedBullGamingJPFacebookページをフォローして、ビデオゲームやeスポーツの最新情報をゲットしよう!