ゲーム

『NBA 2K21』初心者用攻略ヒント&アドバイス:シュート編

© 2K
人気バスケットボールゲームシリーズ最新作はシュートシステムが新しくなり以前よりも得点が難しくなった。ビギナーのためにいくつかのヒントとアドバイスをまとめた。
Written by Dom Peppiatt公開日:
『NBA 2K21』はこれまでとはシュート方法が大きく変わった。このシリーズを長年プレイしてきたファンならその変化の大きさに間違いなく驚くだろう。ベテランプレイヤーでもシュートを外したり、観客席に放り込んだりしてしまう。『NBA 2K21』はそれくらいシュートのシステムが変わっている。
『NBA 2K21』のシュートは以前よりもシュートスタイルにフォーカスしており、各選手がそれぞれのスタイルに適したシュートをするようになった。そして、各選手のスタイルが異なるということは、それぞれのブースト(補正)のかかり方やシュート率も異なることを意味する。
初心者なら必ずフラストレーションが溜まるはずの今作のシュートについていくつかのヒントを教えておこう。

シュートシステム

ステフィン・カリー
ステフィン・カリー
『NBA 2K21』のリリース前に、ゲームプレイディレクターのMike WangがTwitterでシュートについてのいくつかのヒントを公開した(シュートの変更についてプレイヤーから大きな反応があることを見越しての投稿に思われた)。その内容は以下の通り。
  • 左トリガーをタップしてブースト(補正ボーナス)を得る
  • シュートボタンを使用しているなら、シュートメーターをオフにしてブーストを得る
  • グリーンを出すのが以前より難しくなっているので我慢すべし
  • スティックで昨年のようなシュートタイミングが欲しいなら、シュートの照準をオフにする。

右スティックシュート

『NBK 2K21』
『NBK 2K21』
今作ではデフォルトで、右スティックでシュートを打てるようになっているが、このシュート方法に慣れたいなら練習を重ねるしかない。どのような挙動なのか、自分の入力がどのように反映されるのかを学ぶことが不可欠だ。右スティックのシュートについていくつかのヒントを紹介しよう。
  • 右スティックを下げる。メーターが動くので、左右にずれ過ぎないように黒い線に合わせる。
  • 右スティックを左右に微調整してシュートの方向を調整する。なるべく指を固定させる。
  • そのあとの操作は必要ない。メーターを合わせたら指をぶらさないように意識するだけ。
  • 尚、メーターを合わせたあとでトリガーボタンをタイミング良く押せば、ブースト(補正ボーナス)を得られるので、シュートが決まりやすくなる。

シュートの一貫性を高める

ザイオン・ウィリアムソン
ザイオン・ウィリアムソン
『NBA 2K21』プレイヤーの多くが、シュートが以前よりも決まらなくなって困っている。アナログスティックでもボタンでも、自分の望むように一貫したシュートを打てなくなっているので、苛立つことなく楽しく『NBA 2K21』がプレイできるように、いくつかのアドバイスを紹介しよう。
  • ホットゾーンでシュートする:選手が得意としているエリアに入れば、ブースト(補正)がかかりやすくなる。自分の好きな選手で練習して、その選手のホットゾーンを記憶しよう。
  • 設定を変える:シュートメーターをオフにして、□ボタンでシュートを打つようにしてみよう。精度は落ちるが操作は安定するはずだ。
  • マイキャリアでシュート系バッジにフォーカスして、シュート能力を伸ばす。
  • シュートのタイミングをオフに設定して、プレイヤーのリアルタイムスタッツをベースにしてシュートを放つようにする。
『NBA 2K21』の変更部分はとにかく練習して慣れていくしかない。自分のプレイしたいモードで練習を重ねて、フラストレーションが溜まってきたらひと呼吸入れよう。
Twitterアカウント@RedBullGamingJPFacebookページをフォローして、ビデオゲームやeスポーツの最新情報をゲットしよう!