ドリフト28分

【スピニングとは?】南アフリカ発ハイブリッドモータースポーツの歴史と魅力

ドリフトのようでドリフトにあらず。南アフリカの全国民が楽しんでいるモータースポーツとエンターテインメントをミックスしたユニークなシーンを紹介する。
Written by Jazz Kuschke公開日:
スピニング” という名前のストリートモータースポーツを知っている人は少ないだろう。しかし、ドリフトと自己表現のワイルドなミックスと呼べるこのシーンは現在南アフリカで国民的人気を獲得している。今回はその魅力について紹介しよう。
南アフリカのスピニングシーンを世界に広めたRed Bull Shay’ iMoto
南アフリカのスピニングシーンを世界に広めたRed Bull Shay’ iMoto

スピニングとは?

簡単にまとめて説明すれば、車をスピンさせて、スモークを上げながらドーナッツを描き続ける状態にロックしたあと、ドライバーが運転席から離れてボンネットの上でムーブやポーズを決めたり、窓から身を乗り出して地面すれすれまで反ったりするハイブリッド・ストリートモータースポーツだ。ドリフトを含めたドライビングテクニックパフォーマンスで観客をどれだけ盛り上げられるかが評価の対象になる。
【Red Bull Shay' iMoto 2020】のハイライト動画をチェックすれば、スピニングをより具体的に理解できるだろう:
ドリフト · 1分
Red Bull Shay' iMoto 2020:ハイライト
Red Bull TVのアプリをダウンロードして、世界中のモータースポーツアクションをチェックしよう! ダウンロードはこちら>>
Red Bull Shay' iMoto 2020】のスポーティブディレクターを担当しているVic Pardalは次のように説明している。「シンプルでピュアな言葉で説明するなら、スピニングとは演劇と同じで、カオス状態をコントロールしながらエンターテインメントを生み出していく芸術です。一方、ドリフトは厳格なルールとフォーマットが用意されているモータースポーツです」
スピニングでは、最先端のテクノロジーを搭載したマシンやメインストリームのモータースポーツでは避けられない高額予算は必要ない。スピンさせられるマシンさえあれば参加できるのだ。しかし、本気で取り組みたいならクラシックなBMW 325iが絶対的なチョイスになる。
世間の一部はスピニングをモータースポーツとして認めていないが、スピニングコミュニティにとって、スピニングは誇りと歓喜そのものだ。Pardalが説明を続ける。「スピニングはカルチャーであり、ムーブメントですが、あらゆる人種や性別をカバーする唯一のモータースポーツでもあります。南アフリカの全国民が楽しめる唯一のモータースポーツなのです」
Pardalによると、スピニングは南アフリカのカルチャーに深く根ざしており、30年以上前から存在している。「元々は、冠婚葬祭や故人の人生を祝福したり、法律の範囲内の行事やイベントで行われたりしていました」と説明する彼は、スピニングは昔も今もノイジーでワイルドだがこの30年で大きく進化しており、当初は日陰の存在だったが近年はモータースポーツシーンの表舞台に立つようになっていると続けている。
「南アフリカに後輪駆動車が登場して以来、国民はスピニングを楽しんできたのです。ですが、今のスピニングは、2世代、3世代前の人たちが駐車場で楽しんでいた頃からは大きく異なっています」
スピニングのメインストリーム進出に伴い、スピナー(スピニングのドライバー)たちも観客を盛り上げるパフォーマーへ進化している。Pardalは「メインストリームのスピニングはサーカスに似ています。プロのパフォーマーたちが街から街へ移動し、そこに住む人たちを楽しませているのです」と説明している。
スピニングは伝統的なモータースポーツではないが、イノベーティブなフォーマットが採用されているため、スペクタクルとバトルが両立されている。【Red Bull Shay' iMoto 2020】では、最もクリエイティブでワイルドなパフォーマンスをしたスピナーが優勝するというルールの下、南アフリカを代表する12人のスピナーが1on1バトルに挑み、King Katraが頂点に立った。
Red Bull Shay’ iMotoには南アフリカを代表するスピナーたちが集まる
Red Bull Shay’ iMotoには南アフリカを代表するスピナーたちが集まる