Shigekix does an airfreeze
Breaking

Shigekixについて知っておきたい7つのこと

© Little Shao/Red Bull Content Pool
B-Boy界において数々の偉業を成し遂げ、今もなお進化し続けるB-Boy Shigekixのトリビアをチェック!
Written by Emmanuel Adelekun公開日:
日本・大阪出身の17歳、B-Boy Shigekixが先日Red Bull BC One All Starsのメンバーになった。
ワールドチャンピオンの経験を持つShigekixは幼少時から世界を舞台に戦ってきたが、自分よりもさらに大きなスケールで活動しているRed Bull BC One All Starsは彼にとって夢が叶った瞬間になった。
本人は今回のメンバー入りをモチベーションにして、すでに大きな成功を収めているブレイキンキャリアのステップアップを狙うつもりだ。
今回はShigekixについて知っておきたいことを7項目に分けて紹介する。

1:B-Girl Ayaneが実姉

日本のブレイキンシーンには兄弟姉妹で活躍しているブレイカーが数人いる。B-Girl NarumiB-Girl Ayumiは姉妹で、B-Girl AmiB-Girl Ayuの妹、そしてShigekixはワールドチャンピオンの経験を持つB-Girl Ayaneの弟だ。
ShigekixはAyaneを通じて7歳でブレイキンに出会い、現在は2人揃ってダンスクルーK.A.K.B.に所属している。

2:Red Bull BC One World Finals最年少出場記録保持者

Shigekixがオランダ・アムステルダムで開催されたRed Bull BC One World Finalsに出場した時、彼はまだ15歳だった。
Red Bull BC One World Finals最年少出場記録を更新したShigekixはそのままなんとセミファイナルまで勝ち進んだが、最後はこの年のワールドチャンピオンとなったMennoに破れた。現在、MennoとShigekixはRed Bull BC One All Starのチームメイトだ。

3:一部のムーブを目を閉じてメイクしている

Shigekixのブレイキンを細かく見ていくと、彼が目を閉じてブレイキンをしている瞬間があることに気付くはずだ。
本人はこの点について、意図的ではなく、子供の頃から一部のムーブを自然に目を閉じてメイクするクセがあると説明している。
Last Chance CypherでバトルするShigekix
Last Chance CypherでバトルするShigekix

4:ユースオリンピックのメダリスト

Shigekixはブレイキンがオリンピック競技として初採用された2018年ブエノスアイレスユースオリンピックに日本代表として出場。Shigekixは3位に入り、史上初のオリンピックメダリストブレイカー3人のひとりとなった。

5:絵と写真が趣味

ShigekixはB-Boyとしてのキャリアだけではなくアーティストとしてのキャリアも築いていきたいと思っている。ブレイキンは彼の人生の中心に据えられているが、写真も学びたいという気持ちも持っている。
風景画や風景写真も好きだが、人物に興味があり、人間の感情表現の瞬間を捉えることを楽しんでいる。Shigekixの絵の才能は下記の自身SNSでも分かるだろう。

6:メンターから授かったB-Boyネームはグミが元ネタ

Shigekixの本名は半井重幸で、ShigekixというB-Boyネームは同名のグミから付けられたものだ。ShigekixのメンターがこのグミとShigekixのダンスを気に入っていたことからこのB-Boyネームが与えられた。
大阪狭山市観光大使も務めるShigekix
大阪狭山市観光大使も務めるShigekix

7:大阪狭山市観光大使を務めている

世界中を転戦しながら結果を残してきたことが評価され、Shigekixは地元大阪狭山市の観光大使に任命された。主な活動としては、大阪狭山市が関わる式典や祭でのパフォーマンス、表敬訪問などがある。幼少期から育った大阪狭山市のPRを、今後も自身のダンスを通じて力を入れていきたいと話す。