Frenchman Cabochard is the top laner of Team Vitality© Riot Games
eスポーツ
『リーグ・オブ・レジェンド』:Team Vitalityのトレーニング方法
フランス・パリに拠点を置く人気チームがハイパフォーマンスとメンタルを重視したトレーニングメソッドを取り入れてeスポーツシーンのあり方に変化を加えている。トレーニングを担当する専門家2人に話を聞いた。
Written by Yinsu Collins
公開日:
eスポーツは2010年代に大きな変化を遂げた。
プレイヤーはプロ契約を結ぶようになり、革新的なパートナーシップが次々と発表され、世界各地のアリーナがソールドアウトになっている今、この躍進中の業界は新たな高みに到達したと言って良いだろう。
しかし、トレーニングハイパフォーマンスに関しては、eスポーツチームの大半が5年前と同じものを採用している。
5年前は、プロプレイヤーたちが寝食とトレーニングを共にする “ゲーミングハウス” がシーンのデフォルトで、プロプレイヤーたちはスクリムや深夜のソロキューに多くの時間を費やしていたが、彼らのフィットネス食事がケアされることはほとんどなかった。
しかし、eスポーツへの投資増に伴い、トレーニングとハイパフォーマンスに多くのリソースが割かれるようになっている。このトレンドの最前線に立ち、既存とは異なるアプローチで取り組んでいるのがフランスのesportsチーム、Team Vitalityだ。
パリ市内に新拠点【V.Hive】をオープンしたTeam Vitalityは、あのスタッド・ド・フランス(ワールドカップ決勝戦などが開催されてきたフランスを代表するスタジアム)に別拠点も構えており、プロプレイヤーたちが “ゲーミングハウス” とは異なる環境でトレーニングに励めるようにしている。
また、Team Vitalityはプロプレイヤーたちのことを考えた施設を用意すると同時にハイパフォーマンスプレイヤーコンサルタントTerry MartinメンタルストレングストレーナーAndre Pisaniを招聘して日々のルーティンに刺激を加えている。

eスポーツが抱える問題

ハイパフォーマンスには十分な睡眠が欠かせないと語るTerry Martin
ハイパフォーマンスには十分な睡眠が欠かせないと語るTerry Martin
元プロバレーボール選手だったTerry Martinはeスポーツプレイヤー / チームが現在直面している問題はいくつもあるとして次のように話を始める。
「Vitalityは経済面・経験面の両方からチーム内リソースを増やそうとしています。私やAndreのような専門家を加えることでeスポーツのプレイ方法とトレーニング方法を変えようとしています」
「私たちは非常に不健康なコンセプト “ゲーミングハウス” を廃止しようとしています。パリ郊外に位置するスタッド・ド・フランスに素晴らしいトレーニング施設を建造したので、Team Vitalityは他の一般的なプロスポーツチームと同じように機能することになります」
「プレイヤーたちはパリ市内で個別のアパートメントに住んでもらっています。彼らは毎朝決まった時間にオフィスへ来てトレーニングをしています。このような変化はメンタルにもとても重要です」
esportsのトレーニングメソッドに変化を加えているヨーロッパのトップチームTeam Vitality
esportsのトレーニングメソッドに変化を加えているヨーロッパのトップチームTeam Vitality
一方、軍隊のメンタルトレーニングを20年担当してきた経験を持つAndre PisaniはTeam Vitalityで確認した最大の問題はオーバートレーニングだとして、次のように説明している。
「今、プロプレイヤーとプロクラブが直面している最大の課題は “トップレベルのプレイヤーのキャリアを延ばす” だ。現在は多くのプロプレイヤーが24歳か25歳でピークを迎えている」
「しかし、私たちはトレーニング時間を制限しようとしている。オーバートレーニングにならないように、そして彼らのレベルを落とさないように注意しながら質を重視したトレーニングメニューを組むことで、より長くキャリアを楽しんでもらえるようにしている」

Team Vitalityの1日

『リーグ・オブ・レジェンド』のTeam Vitalityは厳しく管理さた健康的なルーティンを取り入れている
『リーグ・オブ・レジェンド』のTeam Vitalityは厳しく管理さた健康的なルーティンを取り入れている
では、Team Vitalityのプロプレイヤーの平均的な1日はどのような内容なのだろうか? Terry Martinが『リーグ・オブ・レジェンド』のTeam Vitalityの生活とトレーニングについて細かく教えてくれた。
「私が加入した当初、プレイヤーたちはゲーミングハウスで正午頃に起床し、部屋を出て自分たちで食事を作ったあと、すぐにコンピューターへ向かってスクリムを始めていました」
「そして午後2時から午後8時までスクリムをしたあと、また自分たちで食事を用意してからさらにコンピューターへ向かい、今度はソロキューをプレイしていました。彼らがベッドへ向かうのは午前3時か午前4時でしたね。このような生活を繰り返していました」
「ですが今は、スクリムが組める時間に合わせてチームごとに異なるスケジュールを用意しています。『リーグ・オブ・レジェンド』チームはメンバー全員がひとりずつ個別のアパートメントに住んでいて毎朝10時にオフィスに集合してもらっています」
「毎週月曜日は午前10時から午前11時半までチームワークのトレーニングです。このトレーニングではコンピューターは使用しません。eスポーツシーンにはチームワークの経験が不十分なプレイヤーがいるので、このようなトレーニングで結束力を高めています」
「火曜日と木曜日の午前中はウエイトトレーニングに取り組んでもらっています。ファンクショナルトレーナーを使っていて、プレイヤーたちにはそれなりのウエイトを挙げてもらっています」
「午前のトレーニングが終われば昼食です。体重が理想値より重い、または軽いプレイヤーがいるので、優れた食生活にフォーカスしています。各プレイヤーのフィットネスに合わせて個別に食事を用意しています」
「私たちは彼らを他のプロアスリートと同じように扱っています。満腹になるまで食べてコンピューターの前に座るような生活は送っていません」
「スクリムは5時間続けますが、後半の途中で休憩を入れるようにしています。散歩したり、階段を上ったりとその時間を使って身体を動かしてもらっています」
「水曜日の午前中は私が選んだ先生と一緒にヨガに取り組んでいます。デスクでもできる簡単なエクササイズも教えてもらっています。身体のエンジンをかけることを目的とした具体的なエクササイズですね」
「ヨガは昨夏から取り入れたんですが、プレイヤーたちはちゃんと続けてくれました。彼らは競技者であり、プロアスリートですから、タスクを与えれば確実にこなします」
◆Information
▶︎全世代必見! おうち時間を充実させるおすすめゲーム記事のまとめはこちら>>家でじっくりと楽しめる、おすすめオンラインゲーム 6選 【家庭用ゲーム機・スマホ・PC】
Twitterアカウント@RedBullGamingJPFacebookページをフォローして、ビデオゲームやeスポーツの最新情報をゲットしよう!