Jimmy Spithill, CEO and helm of the USA SailGP Team, runs across the catamaran during a practice race ahead of the SailGP regatta in Bermuda in May 2022.
© SailGP / Red Bull Content Pool
ランニング

【Wings for Life World Run】:アメリカズカップ優勝セーラーが明かすランニングの魅力

アメリカズカップ優勝2回を始め数々の成功を収めてきたオーストラリア人セーラーがヨットレースと同じくらい真剣に取り組んでいるランニングの魅力について語ってくれた。
Written by Trish Medalen
読み終わるまで:3分公開日:
私たちの多くと同じく、オーストラリア出身のジミー:スピットヒルも多忙だ。ヨットレースのアメリカズカップを2回制している2児の父は、SailGP米国チームのCEO兼ドライバーとして世界を飛び回りながら、次のアメリカズカップに向けてルナ・ロッサチームとトレーニングを重ねている。
【Wings for Life World Run】に向けてシーズン2がスタートしたポッドキャスト【Why I Run】(英語音声)の中で、そのジミー・スピットヒルがランニングを好んでいる理由を明かしてくれた。
「私が走っている理由はシンプルだからです」とスピットヒルは話を始める。「移動が多い生活の中で、最も簡単かつシンプルにできることがランニングシューズを履いて走ることなのです」
エリン・アザールとアヨ・アキンウォレレがホストを務めるポッドキャスト『Why I Run』(英語音声)は、ランナーたちのモチベーションを高めてくれる様々なランニング関連のストーリーを紹介している。Spotify、Apple Podcasts、Amazonで聴取可能。
ワールドクラスのセーラーであり熱心なランナーでもあるジミー・スピットヒル

ワールドクラスのセーラーであり熱心なランナーでもあるジミー・スピットヒル

© Lukas Pilz/Red Bull Content Pool

他にもスピットヒルはランニングについて以下のように話している:

「ランニングはフィジカル面を助けてくれていますが、それよりも重要なのがメンタル面の助けです」

スピットヒルは、ランニングは自分の心臓血管系のコンディショニングにおいて非常に重要だとしており、「現代社会はストレスに溢れています。その中で、ランニングは最もシンプルにやれることにひとつです」と続ける。現在40代の彼は、関節へのダメージが大きくなりがちなロードランよりもヒルクライムを好んでいる。
また、スピットヒルはランニングが思考の助けになっているとも語っている。「特に面倒な物事や状況に巻き込まれているときは走るようにしています。大抵の場合、走り終わると前向きな気持ちになれているのです」

「ランニングは世界を知るのに最適な方法」

スピットヒルは、世界を旅している間は走ることで各地を学んでおり、最低限の用具だけでできることがその助けになっている。スピットヒルは「ダイヤの原石のような場所を見つけることができます。このような場所は走らなければ見つけられません」とコメントしている。
スピットヒルは走ることで訪れた土地を学んでいる

スピットヒルは走ることで訪れた土地を学んでいる

© Samo Vidic/Red Bull Content Pool

「ランニングでは出自や稼ぎ、ルックスは関係ありません」

スピットヒルは国立公園の大自然に囲まれて育った。「テレビさえ受信できませんでした」と振り返る彼にとって、ランニングはセーリングと同じくらい身近なものだった。

「重要なのはどれだけ自分が心血を注ぎたいかです」

ランニングとセーリングの両方で、スピットヒルは目標にコミットすることが結果に繋がることを学んでいる。彼は「何であっても、何も昔と変わっていません。時間を注ぎ、努力を怠らなければ目標は達成できるのです」と語っている。
【Wings for Life World Run 2015】に参加したスピットヒル

【Wings for Life World Run 2015】に参加したスピットヒル

© Dale Tidy for Wings for Life World Run

脊髄損傷の治療法発見に取り組む科学者たちを助けるために長年【Wings for Life World Run】を支援しているスピットヒルはキャッチャーカーとのバトルを毎回楽しんでいる。2023年は【Why I Run】ポッドキャストチームのメンバーとして参加する予定だ。
【Wings for Life World Run】への参加登録が済んでいれば、世界中のどこからでも【Why I Run】ポッドキャストチームに参加できる。参加登録はこちら>>

関連コンテンツ

James Spithill

The youngest skipper to ever win the America’s Cup, Australian James 'Jimmy' Spithill is one of the world's most decorated sailors.

AustraliaAustralia
プロフィールを見る