Participants perform during the sixth edition of the Wings for Life World Run in Pretoria, South Africa on May 5, 2019.
© Sam Clark for Wings for Life World Run
ランニング

【Wings for Life World Run 2022】に参加したくなる6つの理由

2022年5月8日、脊髄損傷の治療法発見のためのグローバルチャリティーランイベントが世界同時開催される。このユニークなランニングイベントに参加するべき理由をいくつか紹介しよう。
Written by Trish Medalen
読み終わるまで:4分公開日:
今年で9回目の開催を迎える脊髄損傷の治療法発見を支援するグローバルチャリティーランイベント【Wings for Life World Run 2022】は、2022年5月8日に開催される。
今回はこの “走れない人たちのために走る” イベントに関する基本情報と併せて、ランニングシューズを用意して参加するのが待ち遠しくなる理由を6つ紹介しよう。
キャッチャーカーに追いつかれた時点で完走となるユニークなレースフォーマット
キャッチャーカーに追いつかれた時点で完走となるユニークなレースフォーマット
01

脊髄損傷の治療法発見を支援できる

【Wings for Life World Run】の参加者は、利他のために走る。なぜなら、参加費の全額が脊髄損傷の治療法発見を支援する非営利団体Wings for Lifeに送られるからだ。
02

ユニークなレースフォーマット

【Wings for Life World Run】では、“キャッチャーカー” と呼ばれる、動くゴールラインを採用したユニークなレースフォーマットが用意されている。参加者は協定世界時午前11時(ベルリン午後1時 / 東京午後8時 / ニューヨーク午前7時)に世界同時スタートするが、その30分後にキャッチャーカーが追走を開始する。キャッチャーカーに追いつかれた時点でそのランナーは完走となり、キャッチャーカーが最後に追いついたランナーがグローバルチャンピオンになる。
2020年のグローバルチャンピオンとなったマイケル・テイラー(英国)は69.92kmを走破した。また2021年はアーロン・アンダーソン(スウェーデン)が車いすで66.8kmを走破し、3回目のグローバルチャンピオンを獲得した。
日没後の台湾・台中市をスタートする参加者たち(2019年)
日没後の台湾・台中市をスタートする参加者たち(2019年)
03

アプリから参加できる

ライブトラッキング機能とバーチャルキャッチャーカーを備えている【Wings for Life World Run】アプリを使えば、世界中どこにいても5月8日のレースに参加できる。このアプリのソーシャルメディア機能はランナーたちに一体感をもたらす。また、エキサイティングな音声ガイド機能が、最新情報やエンターテインメントと共にランナーを励ましてくれる。
【Wings for Life World Run】アプリはhttps://www.wingsforlifeworldrun.com/ja経由か、App StoreまたはGoogle Playストアから無料ダウンロード可能。
04

レースの目標距離とペースを設定できる

ゴールラインが追いかけてくるレースフォーマットのため、参加者は、ラン / 車いす / ジョグ / ウォーキングを問わず、自分だけの目標距離を選ぶことができる。《ゴールシミュレーター》を使えば、設定した目標距離に必要なペースを算出してくれる。過去の参加者からは、「キャッチャーカーに追いかけられたおかげで自己ベストを更新できた」という声が数多く寄せられている。
2022年はフラッグシップランが復活
2022年はフラッグシップランが復活
05

誰もが楽しめる

ワールドクラスのアスリートからランニング初心者まで、18歳から80代までと、【Wings for Life World Run】の参加者の顔ぶれはこの上なく多様だ。コスチュームに身を包んだ人やお揃いのユニフォームで参加するチームがいれば、開催地によってサングラス、ヘッドランプ、レインウェア、スウェットバンド、ランニンググローブを身につけたランナーたちも確認できるが、どこも笑顔で溢れている。
脊髄損傷の治療法発見を支援するために世界中の人たちが集まるこのイベントでは、ポジティブなエナジーに溢れた1日が共有される。
参加者それぞれの表情に笑顔が溢れる
参加者それぞれの表情に笑顔が溢れる
06

世界最大規模のランイベントで走れる

【Wings for Life World Run】の参加者は、世界中の人たちと同時に走るだけでなく、2014年の第1回から続くレガシーをさらに大きくすることができる。
【Wings for Life World Run 2021】は、世界195カ国から18万4,236人ものランナーや車いすユーザーが参加した結果、史上最大規模のランイベントとなった。脊髄損傷の治療法が発見されるその日まで、このムーブメントは止まらない。
【Wings for Life World Run 2022】は2022年5月8日 日曜日に世界同時開催される。参加登録方法や詳細情報は【Wings for Life World Run】のウェブサイトをチェック!
▶︎世界中から発信される記事を毎週更新中! 『新着』記事はこちら>>