映像を見る3分
ランニング
Wings for Life World Runアンバサダーが教える人生の教訓
ナオミ・ワッツ主演映画『ペンギンが教えてくれたこと』のモデルとして知られるパラサーフィン世界王者サム・ブルームが、困難に立ち向かうためのアドバイスを送ってくれた。
Written by Trish Medalen
公開日:
Part of this story

Wings for Life World Run

サム・ブルームは「普通の人でも普通ではないことができる」を身をもって証明している。
8年前、オーストラリアで看護師として働いていたブルームは、子供3人とサーフィンを共通の趣味に持つ夫キャメロンとハッピーでアクティブなごく普通の生活を送っていた。しかし今の彼女は、サーフィンでいくつもの世界タイトルを獲得し、ナオミ・ワッツ主演映画のモデルとなり、胸部から下がまひ状態になったあと鬱から立ち直った勇敢な人物として世界的に知られている。
映画『ペンギンが教えてくれたこと』を観れば、壊れていたガードレールが原因で脊髄を損傷したブルームの人生が急転直下したことが分かる。怪我をした彼女は深い闇の底に沈んでしまうのだ。しかし、傷ついたカササギフエガラスの面倒を見始めたことがきっかけで彼女はその闇から抜け出していく。
ISA世界パラサーフィン選手権を制覇した経験を持つサム・ブルーム
ISA世界パラサーフィン選手権を制覇した経験を持つサム・ブルーム
この映画にはユーモア溢れるシーンがいくつも含まれているが、怪我がブルームに与えた悪影響 – まひ神経痛怒り悲しみ羨望罪の意識 – も真正面から描いている。
ブルームは、映画のワンシーンについて次のように振り返っている。「子供たちが体調を崩した時、あの子たちは私ではなく父親を呼び求めたのです。私は横たわったまま泣いてしまいました。起き上がって子供たちのところへ向かえなかったからです。ナオミ・ワッツさんはあの時の私の気持ちを見事に表現してくれています。 “自分から母親を取ったら何が残るの?” というあの時の私の気持ちを」
映画は前向きに終わるが、完全なハッピーエンドではない。ブルームは怪我をする前の生活を今も望んでいる。しかし、今の彼女は生きる理由を見つけている。世界中の人たちに希望を与えているブルームの元には、人生のアドバイスを求める声が毎日大量に届いているのだ。彼女は、置かれている状況には個人差があるとしつつ、次のようにアドバイスを送る。
あなたは自分が思っているよりも勇敢なのです。自分が思っているよりも勇気があるのです。希望はあります。諦めないでください
サム・ブルーム
家族・愛・自然が持つ力に気付いてもらいたいですね。これらは深く沈んでいる自分を引き上げてくれる助けになります。また、脊髄損傷を抱えている人は特にですが、自分が好きなことや目標を見つけることも大きな助けになります。なぜなら、退屈してしまうとネガティブな部分に意識が向いてしまうからです」
ブルームにとっての目標はスポーツだ。彼女はISA世界パラサーフィン選手権を2回制している他、オーストラリアパラカヌーチャンピオンにも輝いており、今は3回目の世界パラサーフィン選手権優勝を目指してトレーニングを続けている。
ブルームは、自分のストーリーから学び取って欲しい一番大事なことについて次のように語っている。「あなたは自分が思っているよりも勇敢なのです。自分が思っているよりも勇気があるのです。希望はあります。諦めないでください」
2018年にカリフォルニアで初タイトルを獲得したブルーム
2018年にカリフォルニアで初タイトルを獲得したブルーム
ブルームは、脊髄損傷の治療法発見を支援するランニングイベントWings for Life World Runのアンバサダーを務めている。脊髄損傷の原因の多くは彼女と同じような日常生活における不慮の事故だ。2021年5月9日にWings for Life World Runアプリを使って車いすで走る予定のブルームは次のように呼びかけている。
「Wings for Life World Runは最高に楽しいですし、雰囲気も素晴らしいです。Wings for Life World Runアプリを使えば、どこにいても一緒に走ることができます」
「治療法はいつか見つかります。発見が世界中の多くの人にとってどれだけ大きな意味を持つのか、どれだけ彼らの人生を変えるのかを想像してください。みんなで一緒に走りましょう!」
Part of this story

Wings for Life World Run