トム・クルーズ
© Garth Milan / Red Bull Content Pool
F1

【動画】あのマーベリックがF1マシンに!? トム・クルーズがRB5で走る超貴重映像がコチラ。

映画『トップガン』ではF14トムキャットに乗り、マッハ2の世界で飛び回ったトム・クルーズ。そんな彼が本物のF1マシンに搭乗する貴重な映像をチェック!
Written by 渡邊大輔
読み終わるまで:3分公開日:
トム・クルーズ
トム・クルーズ
1986年に公開され世界的なブームを巻き起こした映画『トップガン』。主演のトム・クルーズはその後アクション俳優としても評価され、ミッションインポッシブルなど数々の作品に主演。世界屈指のハリウッドスターにまで登りつめた。そんな彼がF1マシンでサーキットを駆け巡る超レア映像が2011年に公開された「Tom Cruise test drives Red Bull Racing F1 car」だ。
01

カースタントもこなすドラテク

アクション俳優としてだけでなく、クルマやバイク好きを公言しているうえに、映画などではスタントマンを使わずに自らがドライブしているという。もちろんデイズオブサンダーのようなレース映画も主演を務めたことがあるだけに、ドライビング技術はセミプロ級といわれている。そんな彼とは言っても、やっぱりF1マシンとなると勝手は違ってくるはず……。と思いきやそのドライビングは一見の価値があるというわけだ。
02

F1レジェンドにも劣らない踏みっぷり

ちなみに当時は『Mission: Impossible Ghost Protocol』撮影の合間に訪れたというものの、ブリーフィングの後にサーキットに飛び出すと一気に加速。ハリウッドスターとは思えない踏みっぷりで、最高速度は181マイル(291km/h)を記録している。この速度はF1界のレジェンドといえるデビッド・クルサードと比較して6km/hほどしか遅くないというから、マッハ2の世界を知るオトコはさすがに違う。
(※ドライビングは動画の2:04〜
03

帰りはヘリでアクロバット!?

6分あまりの映像にはホームストレートを全開で駆け抜けるエキゾーストノートや、コースアウトのアクシデントなども収録される。中でもボディにサインされるドライバー名がしっかりとT.CRUISEと刻まれているあたりは芸の細かさというか、本気のドライビングを印象付けているだろう。
F1マシンを満喫したところで撮影現場に戻る際には、アクロバットヘリコプターパイロット「CHUCK AARON」指導によるアクロバット飛行のおまけ付き。ループやロールといった3次元的飛行も笑顔で満喫するあたり、さすが男が惚れるオトコ!
アクロバットヘリのオマケ付き
アクロバットヘリのオマケ付き
─[Information]───────
▶︎ レッドブルだからこそ実現できる驚愕のWOW系コンテンツまとめはこちら
▶︎ レッドブルのモータースポーツ関連コンテンツはこちら
▶︎ レッドブル・レーシングの関連情報を発信中の公式特設サイトはこちら
▶︎ レッドブルのモータースポーツ情報はTwitter公式アカウントにて随時更新中