ISSUGI
ミュージック

ISSUGIインタビュー『カッコいいと思えることをやり続けるだけ』

© Yusuke Kashiwazaki
Red Bullがキュレートする“その場限り”のマイクリレー《RASEN》#5 参加ラッパーたちのプロファイル ②
Written by Keita Takahashi公開日:
今回のサイファーを振り返ってみていかがでしたか?
単純に楽しかったですね。こういう感じで生でラップして映像に残すサイファーって意外とやったことなかったので。
最初に話聞いたときにC.O.S.A.くんのビートだって聞いてたんで面白そうと思ってました。実際にビート聞いた瞬間、超ヒップホップだなと感じました。
BES & ISSUGI、Gottz & MUD、C.O.S.A.っていう組み合わせもB-BOY度高くてオレは上がりましたね。
RASEN #5
RASEN #5
現在の日本のヒップホップ・シーンについてはどう考えていますか?
多分、オレ解ってないと思いますね。日本に1つで括れるヒップホップ・シーンてないと考えているので。
意識の中にヒップホップとラップの差は結構あると思います。
自身の現在のアーティストとしてのモードを自己分析するなら?
マイペースなんで、自分のやりたいことが常にあって、カッコいいと思える音楽をやってるだけですね、ずっと。
モードは特に変わってなくて、ラップとビートメイクとDJが全部繋がってて全部使って自分のレベル上げてく感じっす。
RASEN #5
RASEN #5
影響を受けた人物は?
音楽だったら、聴いてきた自分が好きなアーティストからは全員影響受けてると思います。
カッケーって思わせてくれた時点でプラスの影響をくれてると思うので。しかも1人1人違う格好良さを魅せてくれるじゃないですか?
会った事無いRaekwonとかBach Logicだってそうだし。組んで一緒にやってる仙人掌,MrPug,Budamunk,5lack,BESなんて確実に何か貰ってますね。
RASEN #5
RASEN #5
今後の予定と将来の展望について教えてください。
今後の予定は、MONJUとソロとか。あとDJと組んだ作品とか作りたいですね。今年はDOGEARのPARTYもやりたいです。
.
.
《RASEN》ラッパーインタビュー|多様化するシーンを繋ぐマイクリレー 各アーティストの記事を公開中
👉ISSUGIインタビュー『カッコいいと思えることをやり続けるだけ』