Ein Kämpfer mit rotem Stirnband, Bart und Handschuhen. Oberkörperfrei.
© Capcom
eスポーツ

【新キャラ&新システム!】『ストリートファイター6』最新情報!

カプコンが世界に誇る格闘ゲームシリーズ最新作の内容が徐々に明らかになってきた。2022年6月時点で明らかになっている情報をまとめてチェック!
Written by Matthias Regge (@PrinnyTonic)
読み終わるまで:6分最終更新日:
2022年2月、カプコンが『ストリートファイター』シリーズの未来を明らかにした。世界的知名度を誇る格闘ゲームシリーズ最新作『ストリートファイター6』ティザー映像が発表されたのだ。そして同年6月3日には新たにアナウンス映像が公開された上にウェブサイトも更新され、ゲームシステムの一部と新キャラクターも明らかになった。
そこで今回は2022年6月現在の『スト6』について分かっていることをまとめてみた。
『ストリートファイター6』
  1. ゲームエンジン

    RE Engine

  2. キースタッフ

    橋本祐介(『ベヨネッタ』)

02

シングルプレイヤーモード

『ストリートファイター6』にはシングルプレイヤーモード《WORLD TOUR》が収録される。このモードでは、キャラクターを作成し、ゲーム内世界を探索し、シリーズを彩ってきたアイコニックなキャラクターたちと出会ったり、新しい技を覚えたりしながら最強を目指すことになる。
先日発表されたアナウンス映像からはメトロシティがその舞台になりそうなことが伺えるが、実際のアクションや戦闘シーンはまだ発表されていない。《WORLD TOUR》のアドベンチャーパートの詳細や世界の大きさなどは未知のままだ。
《WORLD TOUR》の舞台はメトロシティ
《WORLD TOUR》の舞台はメトロシティ
03

ドライブシステム

『ストリートファイター6』の対戦格闘の中心に位置するシステムが【ドライブシステム / DRIVE SYSTEM】だ。“ドライブゲージ / DRIVE GAUGE” を溜めて使用すれば必殺技が出せる。このゲージはこれまでのように攻撃や防御をすることで溜まるのではなく、時間経過とともに溜まる(回復する)
放っておいてもゲージが溜まるこのシステムは、使わないのはもったいないという意識を生み出すため、プレイヤーがリスクを負ってゲージを使っていくことが予想される。
ドライブゲージは6ゲージまで溜められる
ドライブゲージは6ゲージまで溜められる
ドライブゲージでできること:
  • DRIVE IMPACT / ドライブインパクト:相手の攻撃を受け止めつつ攻撃できる強力な打撃技。『ストリートファイターIV』の “セービングアタック” と比較することができる。
  • DRIVE PARRY / ドライブパリィ:ボタン長押しでゲージを継続消費することになるが、その間は自動で相手の攻撃をガードしてくれる。タイミング良く攻撃を受け止めると “ジャストパリィ” が発生する。『ストリートファイターIII』の “ブロッキング” の派生形と言えるかもしれない。
  • OVERDRIVE / オーバードライブ:強化された必殺技が出せるようになる。過去シリーズのEX技と同等。
  • DRIVE RUSH / ドライブラッシュ:ドライブパリィか攻撃をキャンセルしてダッシュする。ドライブパリィからのドライブラッシュのゲージ消費は1で、攻撃からのドライブラッシュのゲージ消費は3になる。セービングアタック・ダッシュキャンセル(英語名:FADC)に近い。
  • DRIVE REVERSAL / ドライブリバーサル:カウンター。ガード中にボタンを押して発動させれば追い詰められた状況を打破できる。
ジェイミーの攻撃をドライブパリィでガードするルーク
ジェイミーの攻撃をドライブパリィでガードするルーク
04

操作タイプ

『ストリートファイター6』は新規プレイヤーたちのために新しい操作タイプを用意している。この操作方法は “モダンタイプ” と呼ばれており、アークシステムワークス『GUILTY GEAR』『BLAZBLUE』シリーズで用意している “スタイリッシュ” に近い。
“モダンタイプ” はシンプルな操作方法になっており、必殺技も簡単に出せるようになっている。しかし、カプコンはキャラクターを完全に操作できるのは “クラシックスタイル” であることを強調している。つまり、トップレベルで活躍したいなら、“クラシックスタイル” を習熟する必要があるということだ。
操作タイプは2種類
操作タイプは2種類
05

キャラクターラインアップ

『ストリートファイター6』初の完全新キャラクターがジェイミーだ。自称 “中華街のトラブルバスター” はあのユン、ヤンと繋がりを持つ。ブレイキンと酔拳を組み合わせたようなバトルスタイルを備えている。
収録キャラクター(2022年6月現在):
  • リュウ
  • 春麗
  • ルーク
  • ガイル
  • ジェイミー
少し大人になった春麗が登場する
少し大人になった春麗が登場する
新キャラクターのジェイミー
新キャラクターのジェイミー
06

新しいゲームエンジン

今作でカプコンは独自のゲームエンジン “RE Engine” を使用している。『バイオハザード7 レジデント イービル』のために開発され、『バイオハザード RE:2』『バイオハザード RE:3』などにも使用されているこのエンジンは、リアリスティックなグラフィックスだけではなく、『モンスターハンターライズ』でも示されているように、他のスタイルのグラフィックスも得意としている。
『モンスターハンターライズ』はRE Engineのスケーリングの優秀さも示している。この作品は、Nintendo Switch最高のグラフィックスを誇るゲームのひとつとして評価されている。

49分

Street Fighting -ストリートファイティング-

世界最強の格闘ゲームプレイヤーたちが集結する、Red Bull Kumite。『ストリートファイターV』のプレイヤー、Xiao Hai、Daigo、Gamerbee、Tokido、Luffyらが決死の覚悟で大会に備える。

トルコ語 +6

07

橋本祐介氏の参加

『ストリートファイター6』には橋本祐介氏が制作に参加している。元プラチナゲームズの橋本氏は『ベヨネッタ』『ベヨネッタ2』などを手がけてきたことで知られる。
『ベヨネッタ』シリーズはそのスタイリッシュで美しい戦闘システムが特長のひとつで、プレイヤーたちは自分の好きな形で派手な戦闘を楽しむことができるようになっているが、この特長は格闘ゲームファンにも喜ばれるはずだ。
『ストリートファイターV』のゲームプレイはやや単調なイメージで、後期に入って少しずつワイルドになっていった感があった。この方向性が『ストリートファイター6』でも継続されることを願っている。
08

ヒップホップ

近年、『ストリートファイター』シリーズは自己喪失をしている印象だ。代表するキャラクターが存在するようで存在せず、『ストリートファイター6』で発表された新ロゴもどこか魂が感じられなかった。
有り難いことに、サウンドトラックは『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』で採用されていたヒップホップに立ち返っている。ヒップホップサウンドとストリートアートを組み合わせたビジュアルイメージは2D格闘ゲームにフィットしており、『ストリートファイター6』を独特の存在にしている。
対戦中のグラフィティスタイルの演出も美しい!
派手な演出が楽しめる
派手な演出が楽しめる
▶︎世界中から発信される記事を毎週更新中! 『新着』記事はこちら>>